• 304月

    BenQの液晶ディスプレイ「GW2460HM」のプレゼントキャンペーンに当選した関係で、それまで使ってきたGL2250HMが余った形になったので、これにつなぐ映像機器を検討してみることにしました。

    GL2250HMの入力はDVIやアナログRGBもありますが、より一般的な入力と考えればやはりHDMIを活用するのが良いかと。
    22型ワイドならちょっと小さめの液晶テレビくらいですし、1920x1080pixelの解像度もまだまだ十分活躍できるものです。

    そこでまず真っ先に考えたのがBlu-rayプレーヤーでした。
    最近のモデルならHDMIは間違いなく付いていますし、逆に言えばアナログ出力のほうがないくらいです。
    幸い、GL2250HMは内蔵スピーカーもありますが、個人的にはやっぱりオーディオと組み合わせたくなりますから、デジタルかアナログの音声出力は欲しいかな。
    PC用ドライブならバックアップにも使えるし…とか考えると、選択肢としてはやや弱そうです。

    次は意外なところを…ということで見つけたのがELECOMのLDT-DMR01というモデル。
    発売はもうだいぶ前のようですが、HDMI接続ドングル型DLNAメディアプレーヤーという面白いモデルです。
    DLNAでスマホやPCなどから動画を見られるし、USBメモリをちょっと大きくしたくらいのサイズですから、余計な設置スペースが要らないのは良いですね。

    ただし、こういうニーズならやはりもっと直球で、AppleTVでしょうね。
    コンパクトさも言うことなしですし、iOS機器との親和性や光デジタル出力など、やはり良くまとまってますね。
    次期モデルはSiri対応かも?という噂もあるようですが、いっそのことiOSが動いたら面白いのになぁなんて思いますけど、そうするとお値段も高くなるでしょうし…。

    というわけでAppleTVが本命っぽいんですけど、当面はちょっと別の映像機器を繋いでみました。
    そちらはまた別途エントリーしようかと思います。

    Filed under: Electronics
    2014/04/30 7:00 pm | HDMI接続の映像機器、検討 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.