• 015月

    音茶楽から新ブランドとなる「茶楽音人(Surround)」第一弾モデル、「Donguri-楽(RAKU)」が6月上旬に登場するそうで。

    先日も玄弐型と緋弐型が発表されたばかりですが、またしても新作という意欲的な展開です。
    特に今回のはNEWブランドでの展開開始ということで、設計製造技術を持つというTTRとの競作という形になるようです。
    TTRがどういう経緯の会社なのかは正直良くわからなかったのですが、音茶楽さん自身、ソニーを前身にしたブランドですし、その辺りに源があるのかなと推測してみたり。
    なお製造はフィリピンだそうですが、そのおかげもあってか、お値段は直販価格で15,120円(税込)の予定とのことで、これまでの音茶楽製品よりずいぶんお手頃な価格になっています。
    もちろんコストダウンしている部分もあるでしょうけど、江戸紫、濃墨、白磁、紅赤の4色というカラーバリエーションも用意されるそうですし、それこそTTRの設計製造技術という部分に期待ですね。

    なお、このTTRが販売元ということになり、Webサイトも別個に用意されています。
    安くなってもちゃんと音茶楽らしい缶ケースはそのままですし、L型接続コードやComply T-200のLサイズ、Mサイズやクロスも付いていて、仕上がりによってはかなりの人気モデルになりそうな予感です。

    Filed under: Audio
    2014/05/01 12:00 pm | 音茶楽 Donguri-楽(RAKU) はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.