• 161月

    CORONAのファンヒーター「FH-VX4621BY」を追加導入してみました。

    2019年に17年モデルの「FH-VX4617BY」を導入してから3年弱が経過して、そろそろ動作音が大きくなったり温度にややブレが出るような感じがしたのもあって、後継機を買っておこうかと。
    エアコンだと-5℃くらいまで下がると止まってしまう(寒冷地仕様だと多少違うでしょうけれど)し、電気代もとんでもないことになるので、北国では必須ですし。

    21年モデルはDCモーターになったんだそうで、たしかにだいぶ静かになりました。
    動作時の消費電力も弱で4W、強で9.5W(17年モデルは弱で11W、強で24W)と、多少減っています。
    ただ風量が常に確保されていたACモーターと比べ、設定温度との乖離度合いによって風量が変化する新モデルでは温まってきてから離れた場所での温かさの実感がやや弱いかも。
    そこは本来、サーキュレーターに頼るべきでしょうし、推奨の部屋の広さ(木造12畳、コンクリート17畳が目安)よりもリビングが広いことも影響しているんだと思います。

    操作性はほとんど変わらないですが、その日と前日の灯油の使用量を見るエコガイドが時計設定と共通のボタンになったのがやや不便かな。
    液晶表示は動作中、基本的に点灯状態ですが特に眩しくはなく、温度が見やすいので良いと思います。

    以前のは2階に持って上がって余生を送ってもらうことにしました。
    新しいのを入れれば自分である程度の分解清掃も不安なくやれますし、ファン部分など安全性に影響しない範囲で分解清掃しておきました。
    フィルタが付いていてもやはりそれなりにホコリが入り込んでいて、それを取り除いてもDCモーターになった新モデルよりは動作音は大きいです。
    製品保証は3年ですし、使用頻度を考えるとそれくらいのペースで買い替えておいたほうが安心なので、良いタイミングだったかなと思っています。

    Filed under: Electronics
    2022/01/16 2:00 pm | CORONA FH-VX4621BY はコメントを受け付けていません

Comments are closed.