• 217月

    先日、MDが製造終了になったばかりですが、同じソニーがまだ頑張っていた「8mmビデオ」もついに終了してしまうようで。
    http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20110721_462135.html

    MDが1992年の開始、それに比べて8mmビデオは1985年だから、頑張って残してきたといえるんでしょうね。
    8mmビデオが登場した頃は「あんな小さなカセットで大丈夫なの?」と思ったものですが、SONYのビデオカメラも使ったし、CanonのLX-1も使ったなぁ。
    VHS-Cも持ってましたが、使い勝手は8mmのほうが断然良かったですし。

    その後、Hi-8が登場し、現行で残ってるのはDigital8なんですね。
    こういう規格の拡張がソニーらしいなぁとも思いますが、MDの時も書きましたが、後々のサポートは意外と良いんですよね。
    ということで、今回、Digital8のビデオウォークマン2機種が9月で終わってしまうというわけです。

    ただ、8mmのテープの生産はまだ継続するようなので、そこは安心ですね。
    ちなみに同じ8mmでもフィルムのほうは規格自体がもっとずっと古いですが、まだなんとかフィルムも入手可能です。
    機器も機械式のものも多いので、まだまだ中古でたくさん手に入るんですが、これもデジタル時代にうまく活用できると良いのですけどね。
    DマウントのレンズもPENTAX Qなら使えないかなぁ。

    Filed under: Electronics
    2011/07/21 11:00 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • SKY ONE Says:

    我が家ではHi-Bandβがまだ生きていて
    先に8mmが逝きました

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    8mm時代に録画したものはVHSにダビングし、さらにDVDに焼いたりしてます。
    なかなかもう一度見る機会はないのですけどね。