• 029月

    シグマのデジタル一眼レフ「SIGMA SD15」の新しいファームウェア1.02が公開されたそうで。

    SD1が出たり、DPシリーズがここに来て結構な人気だったりもあって、多少印象が薄くなりつつあるSD15ですが、こうやって長くファームウェアを更新してくれるのはうれしいですね。
    今回の修正項目は以下の通りだそうです。

    ・RAW+JPEGモードを搭載しました
    ・評価測光の精度を向上させました
    ・フラッシュの調光精度を向上させました
    ・各種バグを修正し、動作安定性の向上を図りました

    DP1xやDP2xでも先日、RAW+JPEGに対応していましたが、SD15のほうがこれはうれしい機能かも。
    前回も書きましたが、SIGMAのRAWファイルには元々、JPEGデータが埋め込まれてるので、純正の現像ソフト「SIGMA Photo Pro」でこれを抽出することもできたんですよね。
    そういう意味では最初から分離状態にした、という感じかも。(RAWにもこれまで通りJPEGが入ってるから、正確には分離じゃないけど。)

    気になるセーブ時間はDPシリーズの前例でいえば、メディアが高速になったからか、内部処理が高速化されたのかわかりませんが、RAW+JPEGでもそんなに遅くないようです。
    そもそも書き込みが始まるまでの時間が長いというFOVEON独特(?)の遅さはそれなりに相変わらずなのでしょうけれど。

    ほかにも評価測光や動作の安定度も高まってるようですし、SDシリーズもやっぱり良いなぁ。
    銀塩時代のものとはいえ、SAマウントのレンズもたくさん持ってるし、いずれはゲットしたいなぁと思ってるんですけどねぇ。

    Filed under: DigitalPhoto
    2011/09/02 8:00 pm | SIGMA SD15にRAW+JPEG追加 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.