• 185月

    SONYのNEXをけん制してという意味合いもありそうなタイミングで、
    オリンパスから「E-PL1」のパンケーキキットが9000台限定で
    受注発売されるんだそうで。


    ★ポイント最大10倍!《10,000円以上で送料無料!》オリンパス ペン ライト E-PL1 パンケーキキ…

    上のお店の写真では光学ファインダーが写ってないようですが、
    実際には本体とパンケーキレンズ、光学ファインダーのセットです。
    追加された色の「ブルーブラック」がちょっと良いかも。

    お値段は7万円ちょいなわけですが、NEX-3が5万円台という中では
    かなり苦戦しそうな予感です。
    NEX-5とほぼ同じお値段になりますからねぇ。


    APS-Cサイズで一眼レフの画質を楽しめる世界最小・最軽量レンズ交換式デジタルカメラSONY NEX-5…

    単純に素子が大きければ良いとは思わないんですが、オリンパスの
    パンケーキレンズはあまり評価も高くないですし。
    これがPanasonicのほうのレンズなら、ちょっと違ってくるんですが。

    話はやや逸れますが、最近のパンケーキレンズには銀塩時代とは
    ちょっと違う印象があって、少しだけ違和感があります。
    昔のパンケーキは基本的にテッサーのレンズ構成で、レンズ枚数が
    少ないことで多少の収差は残っても純度重視のようなところが
    あったと思うんですよね。

    その点、最近のものは普通のレンズを無理やり薄い中に詰め込んだような
    感じがしてしまいます。
    光学系以外の駆動系もレンズ本体の中に入っているせいもあって、
    薄いというよりも小じんまりと小さい設計になってますしねぇ。

    フランジバックが短いのだから、後玉をもっと大胆に大きくした
    設計にしてみたら面白いのになぁとも思います。
    あれはフィルムでテレセントリックを意識しなくて済むからこそ
    できたものだったのかもしれませんが。

    ともあれ、単なる価格競争ではない部分で、マイクロフォーサーズの
    特徴を今後は出していってほしいなぁと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: DigitalPhoto
    2010/05/18 3:04 pm | E-PL1 パンケーキキット はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.