• 159月

    シグマ純正のRAW現像ソフト「SIGMA Photo Pro」が5.3.2にバージョンアップしています。

    私が使ってるのは初代DP1だけですが、一応最新版にしておきました。
    うちの環境がMac miniになったこともあるのか、なんとなく動作が軽快になったような気もしますが、気のせいかな。
    Merillでの現像に対応してるわけですから、解像度からしても初代DP1ではそれなりに軽快でないと困りものでしょうが。

    修正箇所はMac版ですと、大雑把に以下のような感じだそうです。

    ・OS X Mountain LionのGateKeeperに対応
    ・画像保存先に存在しないフォルダを選択するとフリーズしてしまうバグを修正
    ・現像後に表示される画像が黒くなってしまう現象を修正
    ・グレーバランスツールを使用すると明るさが極端に変わってしまうバグを修正
    ・倍率色収差補正のスライダーを動かしたときに適用される補正量を修正

    基本的にはバグ修正ですが、念のため、最新版にしておくと良いかも。
    今のところは初代DP1も含めて現像可能ですが、いつか旧機種は切られる日も来るだろうなぁ。
    それまでにMerrillもと思っていますが、まだお値段がねぇ。
    DP2も何度か店頭で眺めてはいますが、どちらかというとSDシリーズを狙うのも良いのかなぁと思ってみたり(思うだけ?)しているところです。

    Filed under: DigitalPhoto
    2012/09/15 9:00 am | SIGMA Photo Pro 5.3.2 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.