• 025月

    シグマさんから発表されていたミラーレス用レンズ「60mm F2.8 DN」の発売日が決まったようで、5/17だとか。

    30mmと19mmのほうは外観等をリニューアルしたわけですけど、60mmのほうは全くの新しいレンズです。
    どれもDP Merrillシリーズと近い焦点域ですが、これまた微妙に違ってレンズそのものは別設計みたいですね。
    一時期、FOVEONミラーレスみたいな話も挙がってましたが、ビジネス的にはレンズは他社用に展開しつつ、カメラ本体は一体型という路線でいくことになったのかな?
    正直、そのほうが利益を確保しやすいという部分もあるのかも。

    60mm F2.8 DNについてはこれまで同様、マイクロフォーサーズ、それにNEX用ということですが、マイクロフォーサーズでの120mm相当というのはかなり長い焦点域ですねぇ。
    NEXの90mm相当はまあ使いやすい範囲ではありますが、マクロレンズとか手ぶれ補正搭載とか、一捻り欲しかったような気もします。
    スタート価格で1万円台後半という価格帯ですから贅沢は言えないでしょうし、純正レンズと被らないようにという思惑もあるので難しいのかもしれませんが。

    19mm,30mmについては旧デザインのがしばらくキタムラあたりにアウトレットでたくさん出回っていましたが、もうほとんど見かけなくなって買いそびれてしまった感じです。
    並行して中古も出回ってくるかなと思ってたんですが、ユーザーさんとしては重宝しているからでしょうか、こちらも見かけたことがほとんどありません。
    NEXについてはもうずっと純正マウントのレンズを持ってない状況が続いてるので、さすがにそろそろと思ってますけど、α37よりコンパクトにしたいというのもあるし、手ぶれ補正が欲しいなぁとか贅沢な要望を持っていてなかなか踏み出せずにいるところです。

    関連エントリー:

    Filed under: DigitalPhoto
    2013/05/02 8:00 pm | SIGMA 60mm F2.8 DN、発売日決定 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.