• 072月

    リコーから防水コンデジ「WG-4」など3機種が発売になるそうで。

    カメラに詳しい人ならお気づきだと思いますが、WGシリーズというとPENTAXブランドで人気のモデルです。
    ペンタックスとリコーは実質的に一体化したわけではありますが、ここに来てあえてRICOHブランドに切り替えてくるというのはかなり意外でした。
    現在のラインナップを見るとどうやらレンズ交換式はPENTAX、コンデジがRICOHという棲み分けにしていくのでしょうか。
    そういう意味では今残ってるモデルでイレギュラーな存在がGXRということになりますが、これが終息に向かうのか、それともPENTAX GXRになるのか、も興味深いところです。

    ブランド変更については他でもきっと取り上げられるでしょうから、後は肝心のモデルを見て行きましょう。
    発売されるのはWG-4とそのGPS搭載モデルにあたる「WG-4 GPS」、それに弟モデルの「WG-20」です。
    それぞれWG-3WG-10の後継モデルと考えてよいでしょう。

    WG-4とWG-3、WG-20とWG-10、それぞれほとんど同じに見えますが、WG-4のほうはどうもシャッター優先モードを始めとする撮影モードがやや変わったようですね。
    WG-20は重さが2gほど軽くなってる以外は違いを見つけられませんでした。
    ある意味、ブランドが変わったのと同様にファームウェアもややリコー仕立てになったというところかも。
    個人的にはこの屈曲系のタフネスタイプにRAW撮影モードが追加されたら嬉しいのですけどね。

    Filed under: DigitalPhoto
    2014/02/07 12:00 pm | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • shigechan Says:

    お早うございます。

    その棲み分けで行く事は発表されていますね。なるべく高速シャッターを切るモードはWG-3GPSにも搭載されていて、違いがよく判りません(^^ゞ

    光学系も変化していないようですし、改めてチェックしていたら動画の撮影機能が変わりましたね。WG-3では640×360(120fps)が出来ましたが、それが省略されたようです。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    棲み分け自体はもう確定事項なんですね。
    それにしてもコンデジのラインナップはずいぶん整理されて無駄がなくなりましたね。

    違いはブログに書かれていたようにQi充電が省かれたりとか、マイナーな変更みたいです。
    開発部隊の絡みなどで早く整理しないといけない事情でもあったのでしょうか。
    そうなるとWG-3の在庫処分狙いも面白いのかもしれません。

  • shigechan Says:

    今晩は。

    メーカーに確認したら、確かにシャッター優先モードが加わったんですね。少し機能を削って安くしたようです。マイナーチェンジバージョンという感じですね。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    メーカーさんなら明確な回答ですね。
    もうちょっとしたら取扱説明書もダウンロードできるようになるでしょう。
    機能を削った部分が多いのであれば、やっぱりWG-3のほうがお買い得そうではありますが。