• 1810月

    キヤノンからフラグシップ一眼レフ「EOS-1D X」が来年3月下旬より販売開始とのアナウンスが。

    随分先のような気がしますが、なぜこの時期に発表したんでしょう?
    ニコンのD3後継機の噂もあるので、それに対する牽制でしょうか。
    お値段もずいぶん安めに設定されてるようですし、なにか大きなライバルの気配を察知したのかな?

    そんな邪推はともかく、これまでふたつに分かれていた1D系がひとつに統一されました。
    1D系でいうと初代1D、1Ds、1D MarkII、1D MarkIIN、1D MarkIII、1Ds MarkIII、1D MarkiVで今回が8台目です。
    DCS 1を入れたら今回が10台目で、だからXなのかもしれません。
    ただし、Xはテンではなく、エックスですけどね。

    35ミリフルサイズの有効1810万画素CMOSセンサ搭載だそうで、高感度にはめっぽう強そうです。
    高画素化が嫌われたこともあって、カタログスペックでは高感度がアピールポイントになっている感じですね。
    個人的にはいろんなシチュエーションがあるわけで、過剰に高感度競争をする必要もない気もしますが、プロニーズでは重要な場面も多いのかも。

    銀塩を始めた頃はEOS-1を使っていたんですが、最近はすっかりEOSからは遠のいてしまいました。
    別に嫌いというわけでもないのですが、変わった尖ったところがないので、カメラマニアとしては面白みに欠けるのかも。
    単純に出会いがないだけで、いずれまた手を出すかもしれませんけどね。

    Filed under: DigitalPhoto
    2011/10/18 8:00 pm | EOS-1D X はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.