• 038月

    明るいレンズ搭載が話題のPanasonicのコンデジ「DMC-LX7」ですが、海外でのインタビューで他社製CMOS使用という話が挙がったようで。

    これまでLXシリーズはCCDにこだわってきたものの、動画対応に迫られて、「他の製造元からの購入品」に頼らざるを得なかったというところかな。
    せっかくの明るいレンズも素子の側でノイズが多かったら厳しいですしねぇ。

    では、どこのセンサーだろうか?というのが気になりますが、LX7の仕様には「高感度MOSセンサー」という記載があります。
    SONYやサムスンあたりの裏面照射では?という噂もありますが、それなら裏面照射と書きそうな気もします。
    あとの候補としてはAptinaくらいでしょうか。

    私の勝手な予想ではCanon製ではないかなぁと見ていますが、どうかな。
    PowerShot S100の記載は「高感度CMOS」となっていて、かなり似通っていますし。
    画素数は違いますが、そこは自社製品との差別化のためにあえて減らしたものを供給しているのかも。
    なお、総画素は12.8Mらしいので、そうするとS100の総画素約1330万画素にかなり近い感じです。

    まぁ別にどこの素子を使っていてもその後の画像処理でこそ、メーカーの味が乗りますからね。
    正直、Panasonicの最近のセンサーはイマイチの印象が強かったので、今回の他社製CMOSの採用は好感を持つLXユーザーさんが多いかもしれません。

    Filed under: DigitalPhoto
    2012/08/03 12:00 pm | DMC-LX7は他社製CMOS!? はコメントを受け付けていません

Comments are closed.