• 298月

    カメラ店にPanasonicのコンデジ「DMC-FX700」が展示してあったので、ちらっと触ってきました。

    このカメラ、綾瀬はるかさんのCMでも話題の機種ですね。
    また、先日触ってきたFX70と兄弟機的な位置づけで、パッと見そっくりです。

    FX70との違いは、私が気づいた限りでは大きく以下の通りかと。

    ・マイクがステレオ(FX70はモノラル)
    ・フルハイビジョンAVCHD(FX70はAVCHD Lite)
    ・センサーがMOS(FX70はCCD)

    外観的にはマイクが違うだけといった感じですが、重さも10gほど重く、持った印象もどことなくFX700のほうが高級感がある気がします。
    ただ、スイッチ類やレンズの配置、液晶などは違いはほとんどないはずです。

    内部的には撮像素子がCCDからMOSに変わってるのが大きいでしょう。
    動画撮影時のフレア発生は軽減されていたように感じました。
    MOSの場合、こんにゃくのように画面が歪むことがあるようですが、店頭ではそこまでは確認できませんでした。

    静止画の画質についても店頭ではそんなに細かくはわかりませんでしたが、FX70と大きく違う印象はなかったですね。
    私もFX40を持っていますが、それと似た傾向の範囲を出るものではないと思われます。
    悪くいえば塗り絵っぽさとジュワジュワ感があるんですよねぇ。
    小さな素子で画素数はデジタル一眼並みですから、仕方なんでしょうけどね。
    ただ、新設計のレンズのおかげか、収差は全般的に少ない気がしました。

    タッチパネルはFX70の時の印象と同様、沈み込みもなくUIも良く考えられていて、タッチしやすかったです。
    タッチショットはCMの通り、気軽なスナップ撮影にはほんとに重宝しそうです。
    また、FX70もFX700も動画撮影中に静止画をタッチで撮ることができるのですが、FX700では350万画素記録(FX70は200万画素)と、こちらもFX70との違いのようです。

    FX70にもメリットはあって、FX70のほうがバッテリーは長持ちなんですね。
    静止画でも動画でも差があるので、撮像素子の消費電力が違うんでしょうか?
    静止画オンリーなら価格面からFX70なのでしょうけど、FXシリーズらしい気楽なスナップを考えれば、FX700のほうがオススメかな。

    あとはこれで静止画の画質がもうちょっと向上してくれればなぁ。
    まだ出たばかりですが、次は撮像素子を大きくするか、裏面照射にするなど、さらに強化してくれたらなぁと思います。

    Filed under: DigitalPhoto
    2010/08/29 3:00 pm | DMC-FX700、触ってきました はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.