• 083月

    Panasonicのタフネスデジカメ「DMC-FT1」が店頭に並んでいたので、
    早速、触ってきました。


    【送料無料】3/9 9:59迄ポイント2倍♪
    Panasonic/パナソニック LUMIX DMC-FT1

    パナソニックとしては初の屈曲系レンズだと思いますが、これまでの
    イメージとはちょっと離れていて、独自性がイマイチ出ていない気も
    します。

    やはり、オリジナリティという点では、オリンパスやペンタックスのほうが
    一日の長があるという印象も受けました。

    具体的には、デザインはなかなかハードな感じに仕上がっているのですが、
    ズーム用のスライダとシャッターボタンが非常に近く配置されていて、
    さらにそのズーム用スライダ自身も、突起がないので、ズーム操作が
    かなりやりづらかったです。

    シャッターボタンがもう少し背が低くなっていれば問題ないのでしょうが、
    おそらくデザイン的に高さを揃えたほうが良いと判断されたのでしょうね。

    また、持ったときに、やはり少し厚さが気になる感じでした。
    デザイン上も薄くすることよりもタフネスを重視した印象です。
    もちろん、その分、頑丈に仕上がっているとは思われます。

    その他の目玉である、個人認識は、以前別の機種でも書きましたが、
    そのUI上、やはりタッチパネルのほうが便利だと思うんですよね。
    こういったタフネス系こそ、指で操作できたほうが便利かも。
    そのあたりは今後の進化に期待、といったところでしょうか。

    ただ、悪いことばかりではなく、屈曲系ながら、レンズがやや内側に
    配置されているので、持ったときに指がかからないのは良いですね。
    ストロボもさらに内側に配置されているから、安心ですし。

    コンセプトや持ったときの感触自体は悪くないので、デザインの
    嗜好が一致するなら、悪くない選択肢ではあると思います。

    Filed under: DigitalPhoto
    2009/03/08 12:59 pm | DMC-FT1、触ってきました はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.