• 144月

    Googleの検索結果にページの読み込み速度も考慮されるようになる
    という記事を見て、うちのブログも、もうちょっと高速化してみようかと。
    日本はまだみたいですけど、速いのに越したことはないですしね。

    とりあえず、これまでもGZippyくらいは、やってたんですが、他は結局
    オフにしてたりして、あまり大したことはしてませんでした。
    今回、チョイスしたのは「DB Cache Reloaded」というプラグインです。

    データベースへのクエリーをキャッシュしてくれるもので、比較的安定性が
    高いみたいです。
    そのままでも使い方は簡単ですが、一応、日本語化もしておきました。

    使ってみると、やっぱりロード時間がだいぶ短くなったようです。
    これまでは5秒くらいでしたが、導入後は3.5秒くらいに。
    フッタに効果を出力できるんですが、それにはこんな記載がされてました。

    Generated in 0.371 seconds. Made 3 queries to database and 14 cached queries. Memory used – 19.81MB

    ほとんどのクエリーがキャッシュされていますね。
    静的ページを保持するのに比べたらまだまだかもしれませんが、これなら
    iWPhoneとの共存もOKですし、反映漏れが出る心配もないでしょう。

    ただ、WP Super Cacheとの併用は、どうも避けたほうが良いみたいなので、
    すでに他のキャッシュプラグインを使ってる方はご注意を。
    とりあえず、これで様子を見つつ、落ち着いてるようなら、さらに少しずつ
    チューニングしていこうかと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Blog
    2010/04/14 5:11 pm | DB Cache Reloaded はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.