• 095月

    いつの間にかONTOMO SHOPなる音楽之友社の通販サイトができていて、そこにKS-Remastaさんの「VJ-KS-TripleC」というのがあるのを見つけました。

    サイト自体は4/1に「Ontomo Village」を全面リニューアルしてオープンしたようで、6/15 12:00まですべての商品を10%OFFだとか。
    他にもいろんな商品があるので、それはそれぞれご覧いただくとして今回はKS-Remastaさんのリード線に絞ってご紹介しておきます。

    ヴィニジャンオリジナルリードワイヤーという、なんともレトロめいたネーミングはどうかなぁとは思いますが、こちらは「ハイファイ路線」なんだそうで、PC-Triple Cの単線を導体に使ったものです。
    私が愛用させてもらっているPC-TripleC/EXの「absolute LEAD WIRE」も製造はKS-REMASTAの柄沢伸吾氏の手によるもので同様となります。

    お値段はそれに比べるとだいぶ手を出しやすい価格になっていますし、その製造精度の一端を垣間見るにはお試ししやすいのかも。
    なお、その他の部材も含めた仕様は以下のようになっているそうです。

    ・導体:PC-Triple C(直径0.6mm単線)
    ・ハンダ:K.O.サウンドラボのニッカス101
    ・リードチップ:カートリッジ側1.2φmm、ヘッドシェル側1.0φmm

    こちらがハイファイ路線というだけにそれとは対照的な「往年のウェスタン製」のVJ-KS-WEというのも出ています。

    こちらは以下の仕様で、こういう感じの味付けがお好きな方にはたまらない仕様かもしれません。

    ・導体:1940~60年代ウエスタン・エレクトリック製のブラックエナメル&絹被覆(直径0.56mm)
     ※被覆の色は随時変わります
    ・ハンダ:1950年代ウエスタン・エレクトリック指定のNASSAU AT-707
    ・リードチップ:カートリッジ側1.2φmm、ヘッドシェル側1.0φmm

    KS-Remastaさんのリード線はオーディオユニオンさんや他のコラボなどで入手可能ではありましたが、やや購入先が分かりづらいところがあったかと思います。
    その点でもONTOMO SHOPで買えるというのは便利なのかなと思った次第です。

    Filed under: Audio
    2018/05/09 12:00 pm | VJ-KS-TripleC はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.