• 187月

    以前も紹介したRATOCのフルレンジスピーカー「RAL-SPK01」ですが、だいぶ時間が経ったこともあってか、さらに値下がりしているのを見つけました。

    以前は2980円でしたが、今回は1980円。
    8cmフルレンジ1本だけのシンプルなものですが、まだ1万円代前半くらいで売ってるお店もありますし、わりと良いんじゃないかと。
    そもそもこちらのスピーカーのユニットもMCP振動板なるものが使われてるようで、どこのユニットかまではわからなかったんですけど、AMMラボの「AM-105i」とか、エアータイトの「MSM-1」、マイクロピュアの「AP5001」あたりがなんとなく似てるなぁという感じですが、どうかな?
    ただ、これらのスピーカーは4Ω、RATOCのは6Ωで口径も違うので、全く同じものではないのは確実ですが、お値段を考えたら下位ユニットでも十分すぎるポテンシャルの可能性もあります。

    もうすぐ発売のStereo 8月号にはScanSpeakの10cmフルレンジユニットが付いて来ますが、こっちは10cmと言いつつ、実サイズは意外と小さいらしいので、この箱に入るんじゃないかと想像してみたり…。
    上記のように良いユニットならそのまま、イマイチならScanSpeakに置き換え、なんて使い方も面白いかもしれません。

    というわけで(それだけの理由じゃないけど)、ずいぶん前から予約してあったStereo 8月号はキャンセルしちゃいました。
    まだRATOCのほうを買うかどうかは決めていませんが、エンクロージャを作る時間が取れそうもないので、それで良かったかなと思っています。

    Filed under: Audio
    2012/07/18 9:00 am | RAL-SPK01がさらに値下がり はコメントを受け付けていません

Comments are closed.