• 068月

    QUADのCDプレーヤー「99 CDP-2」ですが、REVOX B226SやDENON DCD-1550ARの追加の影響もあって出番が低下していました。
    そこで本来備わっているDAC機能を使えるようにリモコンを追加してみました。

    もちろん本来は付属するものですけど、購入時には残念ながら付いていませんでした。
    多くの海外モデルはMarantzのメーカーコードで動作するので、それで大丈夫だろうとたかをくくっていたのですがダメでした。
    調べた感じでは77くらいまでは動いたみたいですけど、99やEliteは独自のコードになったようです。
    単売というのは基本的にはなくて、互換リモコンの類もほぼなさそうです。
    代理店から直接購入も可能なようですが、今回はオーディオショップさんが在庫してあったものを入手しました。

    当たり前ですが動作は完璧で、プレーヤー本体では操作できないデジタル入力の切り替えやボリューム操作も可能になりました。
    ちなみにDACは192kHzまでOKらしいですけど、確認は某Blu-rayプレーヤーの88.2kHzまでしかやっていません。
    サンプリング周波数は接続時にちゃんとLED表示されるので使い勝手は良好です。

    音質的には映像系などのエントリークラスには有効ですし、QUADらしい中域に厚みのあるサウンドになりますね。
    パワーアンプダイレクトみたいな使い方も面白いのかも。

    ただ出番としてはサブシステムはDENON DCD-1550AR直接のほうが好みかなと。
    さらにAccuphase DC-81も余っていたのでこれもサブシステムに投入して、そうなるとQUADの出番はないかも。

    これを機にオーディオ系のリモコンを揃えておきました。
    メインシステムはプリアンプにリモコンがないですから、あまりリモコンを積極的に使わないのですが、サブのほうでは便利かも。
    記憶リモコンにまとめてしまっても良いのでしょうけど、とりあえず純正で使っていこうかな。
    REVOXもリモコンがあると便利そうですが、これはコードもかなり特殊なようで入手は難しいかなと思ってるところです。

    Filed under: Audio
    2021/08/06 12:00 pm | No Comments

Leave a Comment

Please note: Comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.