• 017月

    NEW-TONEからちょっと変わったUSB-DAC「eDison-01」というのが出るそうで。

    NEW-TONEといっても知名度がないわけですけど、WiseTechが新たに立ち上げたブランドだそうです。
    一昔前のオーディオ機器のようなデザインですが、中身もそんな感じで、単純なUSB-DACではなく、ヘッドホンアンプやプリアンプとして使えるものだとか。
    プリアンプ部分には真空管も使われていて、音を整える意味合いもあるようですね。
    また、入力も豊富で、USBだけでなく、同軸・光、さらにアナログ入力も2つあって、まさにプリアンプとしての役割を果たしてくれるようです。
    入力が1系統のみのデジタルアンプと組み合わせると面白いかも。

    DACは24bit/96kHzまで対応だそうで、真空管は6N3が付いていますが、5670タイプのものと交換が可能とのこと。
    スペックをみる限り、どうもXiang Sheng社のDAC-01Aとほぼ同等っぽいですね。
    オペアンプが「MUSES8820」らしいし、ソケット式だったりするようなので、部品等を一部変更している可能性も高そうですが。

    お値段は2万円台中盤くらいとのことで、価格のわりには良さそうな感じがします。
    うちも寝室にND-S1を移動させようかと考えているので、DACを追加しようかなぁと思っているのですが、その候補になるかなぁ。
    DAC-01Aとの違いなどの情報が出てきたら再検討してみようかな。

    Filed under: Audio
    2012/07/01 9:00 am | NEW-TONE eDison-01 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.