• 317月

    nmodeからLyricブランドの真空管プリメインアンプのバリエーションモデル「V-LA1EL」が発売になってるようで。

    以前出たV-LA1の真空管(KT88)をEL34に変更したモデルですね。
    元々交換可能という謳い文句だったわけですが、EL34にすることで価格もちょっぴり安くなってるというメリットもあるようです。
    nmodeというと1bitデジタルアンプで有名なわけですが、そこの真空管アンプというのは面白いなと感じます。

    ただ、プリメインアンプというとプリ段が存在するわけで、しかもこのモデルはフォノイコライザーも搭載してますから、そこの構成がどうなってるんだろう?というのも気になります。
    メーカーサイトにもその辺りの記載はないのですが、内部写真を見るとオペアンプが見えてたりするので、普通に半導体で構成されてるんでしょうね。

    ところでnmodeはシャープにいらした技術者さんが興した会社だというのは私も知ってたんですが、本社が鹿児島というのは今回初めて知りました。
    あと、シャープ在籍時にGaussのユニットを使ったスピーカーにも携わっていたんだとか。
    以前、ガウスオプトニカのCP-3820にGauss 1502を付けて愛用していた身としては懐かしく思い出しました。
    nmodeブランドのデジタルアンプも気になってるんですけど、X-PM2も先日生産完了になっちゃったんですよねぇ。
    現行モデルならX-PW1が気になりますけど、Lyricだけでなくnmodeのほうも新しいアンプを投入してほしいところです。

    Filed under: Audio
    2013/07/31 12:00 pm | Lyric V-LA1EL はコメントを受け付けていません

Comments are closed.