• 224月

    LINNから近々、AKURATE EXAKTが登場するそうで。

    EXAKTはまずハイエンドのKLIMAXで投入されましたが、KLIMAX EXAKT DSMとKLIMAX EXAKT 350のセットで800万円とさすがに高級でした。
    先日、MAJIK 140を聴いてきた時に流れているのをチラッと聴きましたけど、良い意味で非常におとなしい上品なサウンドを奏でていましたが、それがAKURATEクラスに降りてきたということになります。
    AKURATEでも十分すぎるくらい高級であることに変わりはないわけですが。

    構成としてはネットワークプレーヤーとプリアンプを兼ねたAkurate Exakt DSM、それにEXAKTシステムスピーカーのExakt Akubarikで、お値段は410万円だとか。
    EXAKTはとてもシンプルなシステム構成になることで、ある意味、これまでのオーディオへのアンチ・テーゼみたいなところもあります。
    私のようにちょっとずつグレードアップしていきたい身には厳しいところもありますけど、LINNらしい提案とも言えるでしょう。

    最近良く使っている海外のケーブル通販サイトを見てみると、カスタムインストール系の資材が充実していて、部屋の中をすっきりキレイに保ちつつ音楽を楽しみたいというニーズが高いのだろうと思います。
    EXAKTの場合もケーブルレスとはいきませんが、CAT5ケーブルでスピーカーと接続されるだけですから、これも壁にソケットプレートを付ければあとは電源を確保するだけです。
    またルームアコースティックに関してもEXAKT側で補正が可能ですから、セッティングの自由度も高いですし、まさにこうしたニーズに応える製品なのでしょうね。

    ちなみにアナログ音源はプリアンプ側で24bit/192kHzにA/D変換されてやりとりする形になります。
    LINNはネットワークプレーヤーを展開しつつ、未だにLP12でアナログプレーヤーも展開していますから、その両面を踏まえているというわけです。
    どうせならフォノイコライザーもデジタル化したらどうだろう?とも思いますが、これは意外に難しいのか、各社まだ出してこないですね。

    EXAKTの方向性は私の使ってるLINNとは異なる部分もありますが、流行に媚びすぎず、自社らしさのある提案をしているという点では素晴らしいなと思います。
    普通のアンプやスピーカーも並行して作ってくれれば、なお有難いですけどね。

    Filed under: Audio
    2014/04/22 12:00 pm | LINN AKURATE EXAKT はコメントを受け付けていません

Comments are closed.