• 232月

    我が家のLINNアンプ群はどれもスピーカー端子がBFAというバナナプラグのオスメスが逆転したようなプラグになっていて、これまでは純正のLSP1くらいしか使えないと思ってたんですよね。

    ところが別のことを調べていて、バナナプラグの中にBFAの表記のあるものが結構あるのに気づきました。
    正確には以前から気づいていたんですけど、BFAというのがもっと広義な意味合いを持ってるのかなぁとか考えていたんですよね。
    実際、LINNやARCAM、CYRUSなどでこうしたプラグを使った実例もWebで見かけませんし…。

    ただ、このLSP1、単なる筒状の構造ということもあって、イマイチ接触が良くないんですよね。
    細いケーブルならあまり問題ないんですが、重いケーブルが装着されているとイマイチ信頼性に欠けますし、そもそも太い線が入りきらないという問題もあります。
    そこで我が家にある中でBFAに装着できそうな形状をしているロジウムメッキのプラグを挿してみたところ、これがちゃんと刺さるんですね。

    通常のバナナの場合はプラグの先端が縮む方向になるわけですが、BFAだとここが広がる方向になって両方に対応できるというわけなんですね。
    もっと早く試してみれば良かったんですが、アンプ側の端子を壊さないか、不安だったというのもあります。
    実際、装着時にも多少固めでしたし、LSP1と比べるとかなり真っ直ぐ挿さないとダメでした。
    それだけにガッシリ装着できて良い感じなわけですが。

    音の安定感もさらに増したということで、全数、LINNのアンプ側に投入してしまいました。
    おかげでスピーカー側のバナナプラグがなくなり、一旦はAmazonベーシックのとかに置き換えましたが、これがまた微妙に音の雰囲気が変わってしまうんですよね。
    そこで当面、スピーカー側はケーブル直付けにしておき、近いうちにまた別途入手しようかと。

    同じロジウムメッキのものがお値段的にも有力候補ではありますが、それも面白みに欠けますしねぇ。
    同じようにBFA対応のものか、もしくはバナナタイプでロック機構の付いたものやスタック可能なものなどが候補でしょうか。
    後者だとWBTやFURUTECH辺り、前者はinakustikやaudioquestとかがありますね。
    そんなに急ぎではないですし、ぼちぼち候補を絞り込んでいこうかと思います。

    Filed under: Audio
    2014/02/23 7:00 pm | LINNにBFA対応バナナプラグ はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.