• 052月

    iFI-Audioから新たなDSD対応USB-DACヘッドフォンアンプ「mini iDSD」が5月に発売予定だそうで。

    iFI-Audioはこのところ大変積極的に製品を出していて、先日出たnanoシリーズは品切れが多発しているらしいですね。
    今回発表された製品はminiシリーズ第一弾で、据え置き専用機となります。
    据え置き用ではありますが、iOS機器やWalkmanを含むAndroidとの接続も可能になっていて、ニーズとしてはポータブルオーディオ寄りということでしょう。
    さらにBluetooth受信機としても機能するそうで、結構盛りだくさんの仕様です。

    DACチップは今のところ公表されていないようですが、チップを4つ使ったものになるそうで、デュアルモノ・フルバランス構成となっています。
    それに合わせてというわけでもないでしょうが、RCA以外にXLR出力も用意されていますし、最近のモデルでは珍しく同軸デジタル入力にXLR端子も用意されています。
    また、正面に用意されたボリュームはヘッドフォンアンプのボリュームだけでなく、RCA/XLRのライン出力にも使える(バイパスも可能)ので、簡易的にプリアンプ代わりにすることもできますね。

    ただし、ヘッドフォンアンプ部はアンバランスのみとなっていて、そこはminiシリーズにラインナップされている「mini iCAN」に任されるようです。
    他にも真空管プリアンプ「mini iTube」の2つも2014年度内の発売を目指しているそうで、かなりハイペースに製品を揃えてくるみたいです。
    デザイン的にはこれまでよりも多少普通のPCオーディオっぽい雰囲気になったのは残念な部分もありますが、価格的にはそれほど高くないラインを狙っているようですし、この製品も含め、今後も気になるブランドの一つになるのは間違いないでしょう。

    Filed under: Audio
    2014/02/05 7:30 pm | iFI mini iDSD はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.