• 2310月

    ESOTERICから超弩級のモノラルパワーアンプ「Grandioso M1」が発表されました。

    エソテリックからはここ最近、ケーブルやアクセサリーは出るものの、肝心の機材は出てこなかったわけですけど、ここに来て今回紹介するアンプやSACDプレーヤー類など一気に出てきました。
    少し前からなにか出るという噂はあったんですけど、私はむしろ廉価なモデルやハイレゾ、ネットワークオーディオみたいな路線かと思っていました。
    今回発表されたGrandiosoは気軽に買えるような価格帯の製品ではありませんが、これくらい吹っ切れたもののほうがエソテリックらしくて良いですね。

    まずはそのお値段ですが、一台で1,470,000円ですからステレオで使うには300万円近くになります。
    これだけではなくプリアンプも当然必要になるわけで、今回のGrandiosoではまだプリアンプはラインナップされてませんけど出たとしたら当然似たような価格になるはずですから、海外ブランドでもそうそうない価格帯の製品になります。
    国内を代表するオーディオブランドの名前としてAccuphaseやTADなどとともに名前が挙がるESOTERICですけど、さらに高みを目指しているようですね。

    あとはその中身ということですけど、内部写真は公式サイトにはなかったですが探すとオーディオショップのサイトにありました
    こういうアンプは対称に放熱板が外側にある場合が多いのですけど、これは片方に寄せてあります。
    モノラルパワーアンプですからこれでも良いのですけど、ちょっと珍しい感じですね。
    見た感じはサイズこそ違えど、TEACっぽさを感じるレイアウトです。

    また面白い点としては電源コンデンサーが超大型のを数個ではなく、3300μFとわりと小ぶりなものを12パラレルで構成してあるところでしょうか。
    最近の海外アンプもこのタイプが多い印象ですが、チャージ時間を短くするため、とのことです。
    物量投入してあれば精度も揃えられるでしょうし、なにより先日から保証期間が5年に延長されていますから、その安心感もありがたいところです。

    それにしてもモノラル一台で約62kgという重さやその価格からして、おそらく一生縁がない製品でしょうけど、好みはともかくとしてこういう華のある製品が出てくるのは良いことかと。
    コンポーネントでその組み合わせを楽しんだり憧れたりするのがオーディオの愉しみの一つですしね。

    Filed under: Audio
    2013/10/23 12:00 pm | ESOTERIC Grandioso M1 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.