• 201月

    どんどん新しいおもしろグッズを出してくる上海問屋さんですが、今度はポータブルオーディオプレーヤー「DN-YAU-B109」を投入してきました。

    これまでも携帯プレーヤーはありましたが、今回はFLAC対応でありつつ、お値段は2999円という、なかなか強烈なパンチを繰り出してきました。
    メモリも4GB内蔵で、microSDHCにも対応してますから、上海問屋さんでいっしょに買えば、かなりお買い得にプレーヤーが揃うというわけですね。

    動画にも一応対応していますが、MPEG-4(AVI)のみで、しかも160×128pixel以下のみという、中華プレーヤーらしい感じがこのあたりから出てきます。
    FMラジオも日本国内の周波数に対応してませんし。
    また、LINE OUTはなさそうで、FLACの再生はできても性能的に活かしきれるかは微妙かな。

    ちなみにベースとなった機種を探してみたところ、「TMSON U9」というのが近いんじゃないかと。
    また、上海問屋から動画変換ツールがダウンロードできますが、この中にはファームウェアも入っていて、そこにRKNano_Bという記載があるので、Rockchipを使った機種だと思います。
    最近はshuffleとか、同じ上海問屋さんでも外部メモリを考えなければT.sonic 330とかもありますしねぇ。

    ところで、東映無線さんでは「colorfly Pocket HiFi C3」の取り扱いも始まってるようです。
    こっちもLINE OUTはなさそうで、音質的な評価はイマイチっぽいです。
    見た目を考えなければ、やっぱりCube C30なのかなぁと思いつつも、とりあえずポータブルプレーヤーは手持ちのもので十分そうです。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2012/01/20 9:00 am | DN-YAU-B109 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.