• 191月

    最近積極的にiPhone周りの音声機材を出しているTEACですが、「TASCAM iU2」というiPhoneでも使えるオーディオインターフェースを出すそうで。

    いわゆるUSB-DAC(MIDIもあるけど)ですが、USB接続だけでなく、Dock接続にも対応してるのが特徴です。
    DockケーブルはUSB端子につなぐ形式ではなく、どうやら直接機器から生えていて、電池ボックスみたいなところに収納する構造になってるっぽいです。
    それだけiPhoneなどに特化したもののようで、ちゃんとデジタル接続で音声を扱えるのが良いですね。

    少し前にiM2というマイクユニットが出ましたが、あれは入力のみでしたが、こちらは入出力に対応しています。
    同軸のみながらデジタル出力も可能で、ND-S1のポータブル版みたいな使い方も可能かも。
    電源はDock経由での供給も可能ですし、USBからのバスパワーでも良いようです。
    消費電力は2.5Wですから、500mAを出せるポータブルバッテリーでポタアン的に使うことも出来るかも。
    また、自宅使い用にはUSB対応ACアダプタ「PS-P515U」を使うみたいです。
    これは5V1.5Aを供給できますし、個人的には別機材へのUSB経由の電源供給にも使えそうな気がします。

    あと、当たり前ではありますが、WindowsやMacでもUSBオーディオとして使うことができます。
    16bit/48kHzというのはちょっと弱いところですが、MIDIインターフェースやマイク入力などもあり、お値段も15000円前後の予定とかなり安めですから、音質が良ければ結構ヒット商品になりそうな予感です。
    2月下旬の発売だそうで、まだ取扱店はなさそうですが、これは期待したいところです。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2012/01/19 8:00 pm | TASCAM iU2 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.