• 033月

    ティアックから「TASCAM」ブランドで、DSD録音が可能なオーディオレコーダ
    DV-RA1000」が3/19に発売されるそうで。
    http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20050303/teac.htm

    タスカム DSD対応マスターレコーダー DV-RA1000 [DVRA1000]
    タスカム DSD対応マスターレコーダー DV-RA1000 [DVRA1000]

    なんと、DVD+RWをメディアに使用して、24bit/192kHzのPCM形式や
    SACDなどで利用されるDSD形式の録音ができるんだとか。
    あくまでもプロ用という感じではありますけど、これは面白そうな製品ですね。

    お値段も189000円と、オーディオ機器としては、結構安いですし、
    生録音用の機器としては、かなりお買い得で画期的かも。

    問題は、この規格が現時点では、この機種固有な点ですかね。
    ハードが壊れたら、せっかく録音しておいた音源が再生できなくなっちゃいます…。

    以前、ハーフスピードや倍速録音のカセットデッキがあって、
    うちの実家にもTEACの製品で倍速録音したテープが結構あるんですが、
    ハードが壊れた今となっては、再生する方法がないんですよねぇ。

    イコライザ設定が特殊なので、普通のカセットで再生して、
    それをパソコンで倍速にする、なんて手段では完全には復元できないですし…。

    今回の製品はデジタルデータになってますから、パソコンで読み出せば
    なんとかなるのかな?

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2005/03/03 9:42 pm | DV-RA1000 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.