• 209月

    DENONからSACDプレーヤー「DCD-1650RE」が出るんだそうで。

    DCD-1650SE」の後継だと思われ、REはRarefied Evolutionの略だそうです。
    DACは32bit/192kHzというのは同じような感じですが、ニュースリリースなどでは新採用となってるので、素子が違うのかも。

    新たにUSB DACが搭載されたのが大きな変化かと。
    アシンクロナスモード対応で、24bit/192kHzまで対応とのことです。
    もちろん、光と同軸のデジタル入力もあって、こちらも最大24bit/192kHzまでOKです。
    なお、USBメモリ内の楽曲再生も可能ですが、こちらは16bit/44.1kHzまでと、ちょっと物足りないかな。
    この辺りはネットワークプレーヤーとの差別化をしたいという思惑もあるのかもしれません。

    また、同時にプリメインアンプの「PMA-2000RE」も発表されています。
    DENONのこのシリーズはとにかくフロントパネルが大きいんですよね。
    内部レイアウトも比較的スッキリした良い感じではあります。
    旧モデルが結構値引きされがちなのが気になりますが、真面目に作った国産オーディオ機器という印象です。

    Filed under: Audio
    2012/09/20 7:30 pm | DENON DCD-1650RE はコメントを受け付けていません

Comments are closed.