• 203月

    DALIからブックシェルフスピーカーMENUETのニューモデル「MENUET SE」が3月下旬に発売予定だそうで。

    MENUETというと、うちでも愛用しているRoyal Menuet IIの後継的な形になりますが、現行(MENUET SEからすると旧モデル)で4世代目だとか。
    1992年のDALI 150 MENUETは正直、国内ではそれほど知名度が高くないですし、Royal Menuetの初号機もまだD&Mが輸入代理店になる前で今ほどは有名ではなかったように思います。
    Royalまではユニットも自社製ではなかったですし、サイズも音傾向もかなり異なる印象はありますけどね。

    とはいっても、同社の中ではかなり人気が高いモデルですし、今回のMENUET SEも満を持しての投入ということでしょう。
    まずお値段はペアで184,000円(税抜)と、そこそこ高級なモデルとなりました。
    そこも同じMENUETでもRoyal Menuet IIは15万、その後のMENTOR MENUET(2009年11月発売)は132,000円、MENTOR MENUET SE(2013年6月発売)は168,000円、そして2015年9月発売のMENUETは145,000円と結構上下動があります。

    今回の変更はMENTORのSE化と似た方向性の変更に感じられるもので、ネットワーク回路や内部配線、ターミナルの更新や外装仕上げの変更などが施されています。
    本家サイトだと壁に直接設置してあったりと、わりとエントリー的な扱いなのですが日本ではこのサイズがずっと人気なのでしょうね。
    115mmのウーファーで重さも4kgほどですから、扱いやすい大きさなのはたしかです。

    DALIはシリーズごとに音傾向が異なる部分もありますし、Royalシリーズの頃とはだいぶ音のまとめ方も違ってきているように思うのですが、その中でもMENUETは比較的以前のテイストを残してある部分も人気の理由のひとつかも。
    ある意味、オーディオ的主張が少ないスピーカーでもあると思いますし、このサイズで気軽に音楽を楽しみたい人には良い選択肢なのだろうなと思います。

    Filed under: Audio
    2020/03/20 1:00 pm | No Comments

Leave a Comment

Please note: Comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.