• 105月

    ケーブル病はどうも根深いようで、今度はATLASのインターコネクトケーブル「EQUATOR MKIII」をゲットしてみました。

    これまで入手してきたQEDやCHORD、IXOS、それからBlack Rhodiumと同じく、イギリスのケーブルメーカーの製品です。
    同じイギリスといっても今回のATLASはスコットランドですけどね。
    かなり高額なケーブルを出していますが、今回のEQUATORは同社としてはエントリーモデルとなります。

    独特のソルダーレスプラグが特徴的で、海外の公式サイトではIntegra Plugと呼ばれているようです。
    無はんだで圧着する構造はCHORDのVEE3に似ていますね。

    線材はケーブルには6Nと書かれていますが、ここも公式サイトを見る限りではシールドが6N、芯線は5N撚り線のようです。
    国内代理店では一世代前のMKIIが載ってますが、価格的にはこっちのほうが高いみたいですね。

    早速、ATOLL DAC100に繋いでみますと、それまで接続していたNordostとはだいぶ違うなぁと感じます。
    これまでのインターコネクトケーブルの中ではかなり変化が大きいほうで、ある意味分かりやすい変化のあるケーブルです。
    他のイギリス製ケーブルともまた違った個性なんですが「どこかで体感した変化だなぁ?」と思っていたら、LINNのアンプMAJIK-ILを導入した時の変化に似てたんですね。
    音作りの傾向が似ているのは、やっぱり同じスコットランドのメーカーだからでしょうか。
    ただ、LINNの純正ケーブルとはまた傾向がだいぶ違うわけですが。

    QEDよりももう少しシルキーなタッチで、低域は量感控えめですが弾む感じです。
    最低域はやや整理されていますが、音楽として出すべきところはしっかり出ているところもMAJIKを彷彿とさせるものです。
    中低域より上は音階が明確で付帯的な色付けがないため、その分、ボーカルや弦のビブラートなどの表現がしっかり浮き立って、音楽をしっかり楽しめます。
    その点ではCHORD COMPANYのケーブルがいちばん似ているでしょうか。

    その上でザラザラした感じがなく、聴感上の歪みやSNが高いところは現代的なケーブルの印象です。
    ややすっきり整理された傾向はありますが、その分、音像や定位が明瞭で、さすがWhat Hi-Fiで5つ星を取っただけのことはあるな、と思います。
    相性的にもATOLLとは合ってるようですし、これもどうやらここが定位置になりそうですね。
    国内ではやや入手性が良くないですが、変化が分かりやすいケーブルでもありますし、オススメできる製品だと思います。

    Filed under: Audio
    2014/05/10 7:00 pm | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • latimeria Says:

    初めまして。
    いつもいろいろ参考にさせていただいてます。
    今現在僕もLINNのBlackを使用していて、最近このEquatorも気になっていた所だったので、なんてタイムリーな投稿だろうと思い、コメントさせていただきました。
    この二本、具体的にどのような違いがあるか、教えていただいてもいいでしょうか?

  • MacBS Says:

    latimeriaさん、コメントありがとうございます。

    LINN Blackは結構年代モノということもあり、黒箱的なところもありますよね。
    対してEQUATORはある意味、最近のLINN製品に近いのかも。

    あと、私の環境ではLINN Blackは低域がやや煩く、ブーミーに感じることがあります。
    EQUATORは現代的にワイドレンジでありつつ、強調されるところがなく、それでいてスッキリまとまってるように思います。

    Blackが先の丸まった2Bの鉛筆で描いたややラフなデッサンだとすれば、EQUATORは0.3mmの水性ボールペンで書いた緻密な絵みたいな感じでしょうか。(EQUATORはちょっと違う気もしますが、良い喩えが見当たりません…。)

    ただ、どちらも音楽を楽しく聴かせる傾向は同じだと思いますので、機器との相性次第かもしれませんね。
    さらに現代的に高域の冴えを求めるなら、こちらも最近愛用しているQEDもぜひ候補にされてみてくださいませ。

  • latimeria Says:

    返信ありがとうございます。
    おかげさまで傾向がよくつかめました。

    QEDも検討してみますね。

  • MacBS Says:

    latimeriaさん、コメントありがとうございます。

    このクラスのケーブルは試聴も難しいですし、国内では情報も少ないですね。
    ただ、お値段はわりとリーズナブルで堅実な作りですし、CHORDもQEDもATLASも相性こそあれハズレ無しなど思います。