• 049月

    しばらく前から箱に収納したままになっている我が家の初代AKURATE DS(DYNAMIK電源換装済み)ですが、DSの販売が終了した時点で、てっきりもうアップグレードサービスも終了したもの、と思っていたのですが、公式サイトを見るとまだやってるっぽい記載なので問い合わせしてみました。

    その回答を丁寧にしていただきまして、現在も「AKURATE DS/K/3へのアップグレード」は可能とのこと。
    終わったのはDSMコンバートサービス(2019年2月28日で終了)やRENEWサービスだけだったんですね。
    お値段も初代からだと以下のとおりで、まだまだ実売価格がスゴいDS/K/3になることを考えると、かなりお得なアップグレードです。

    【AKURATE DSアップグレード】
    AKURATE DS/K/3へのアップグレード
    価格:350,000円(税別)

    ただ対象はあくまでも正規代理店取扱品だけですので、販売店さんに申し込む際にシリアル番号を伝える必要があるそうです。
    うちのはそこは大丈夫ですね。
    また、初期型はEXAKT LINKがない(デジタル出力すらない)ですから、本国送りになります。
    期間としては「1か月から1か月半程」掛かるとのことですが、これはまぁ修理でもそのくらい掛かるものは多いですからね。

    それ自体は大変魅力的なのですけれども、AKURATE DS/K/3にして、うちで出番があるのか?というのが最大の問題かな。
    かと言って初代のままで処分したとしても、かなりお安くなってしまうわけで、極端な話、アップグレードしてから処分したほうがお得という下世話な算段もしてしまうわけですが…。

    その辺りは置いておくとして、あとは外観はこのままなの?というのもちょっと疑問なところです。
    Kになってからならほぼ同じ筐体ですけど、完全な初代はデジタル出力もないし、ちょっと小さいように思えるんですよね。
    サイトには「シャーシ、電源部、ディスプレイ基板はそのまま使用し、メインオーディオ基板をそっくり交換する」とありますから、デジタル出力なしは変わらないのかも…。
    一応、そこは再度質問したい気もしますけども、そもそもどうするかなぁというのは悩ましいところです。

    Filed under: Audio
    2019/09/04 12:00 pm | No Comments

Leave a Comment

Please note: Comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.