• 041月

    低域側のスピーカーケーブルをMONITOR Cobra 6SからChord Carnival SilverScreen Bi-wireに変更して思いもよらず好みの音傾向に変わったのですが、バイアンプの高域側はまだそのままです。
    これはこれでバランスは悪くないんですけど、こういう体験をするとやっぱり欲が出てくるんですよね。
    ということで高域用のスピーカーケーブルも検討してみることに。

    非常に順当に考えれば最有力候補はやっぱりCHORD COMPANYでしょう。
    正規輸入品だとSARSEN、頑張ってRUMOUR2といったところになります。
    けーぶる舎さんならODYSSEY2でも大丈夫かな。
    そもそもCarnival SilverScreen Bi-wireがそもそもバイワイヤリング対応のケーブルなんですけども、うちは単なるバイワイヤリングではなくバイアンプ駆動なのと2台のパワーアンプ間が少し離れているんですよねぇ。
    長さもかなりギリギリなので、これ以上剥いて短くするのも難しいところがあります。
    アンプ自体をスピーカー近くに移動させれば出来ないことではないんですけど…。

    それに面白みというところではやっぱり使ったことのないメーカーのを試してみたいという思いもあります。
    気になってるのはTransparentですけど、ここは手が届いてもThe Waveが限界です。
    オーディオケーブルは上を見るとホントにキリがないほど高額なものがあって、そうなると機材とのバランス感覚がおかしくなりますからねぇ。
    こまめに揃えられたりチューニングに使ったりできるところがメリットだと考えると、機材の1/10程度までのコストに抑えるのが吉でしょう。

    あとはケーブル専業ではなく、機器メーカーが出しているケーブルが体感的に意外と良い印象があるので、そうした中から選んでみるのも面白いかなぁと。
    LUXMANやESOTERICなども出してますが、気になるのはこれもやっぱりこれまでの体験からMark LevinsonやLINNが候補でしょうか。
    Mark Levinsonは先日のRCAケーブルと同じような時期のHF10Cくらいで、最近は出してませんけどね。
    LINNに関してはお値段もかなり廉価なところから揃ってるので有力候補になりそうな予感です。

    Filed under: Audio
    2014/01/04 12:00 pm | 高域側のスピーカーケーブル、検討 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.