• 0112月

    以前から気になっていたChordのスピーカーケーブル「Carnival SilverScreen Bi-wire」を見つけたのでゲットしてみました。

    国内ではアンダンテラルゴが代理店をしているんですが、高級なものが中心ですし、オーディオショップでなかなか売ってないんですよねぇ。
    けーぶる舎というお店でも一部購入可能ですが、SilverScreenだとシングルワイヤーのものしか購入できません。
    ちなみにUSB-DACなどを出しているCHORDがありますけど、このケーブルの「THE CHORD COMPANY」は別の会社だというのをケーブルについて調べていて初めて知りました。

    バイワイヤ用のケーブルですが、うちはバイアンプ駆動ですので2本ずつ束ねて低域用(LK140)で使ってみました。
    届いてみるとケーブルが非常に太いのもあって長さが結構ギリギリではありましたがなんとか装着できました。
    とりあえずオマケで付いていたバナナプラグを使いましたが、第一印象からスッキリした感じで評判通り「聴かせる」サウンドです。
    弾む印象の低域でありつつ量感は多すぎず、音像が締まって明瞭かつ明るい音を奏でてくれます。

    これまで使っていたCobra 6Sと比べると神経質なところがないのは良いですね。
    オマケのバナナプラグだと、ボーカルがやや膨らむ気もしますが、それはそれでボーカルが引っ込まずに前に出て聴かせる感じで悪くありません。
    全体にスピーカーが一回り大きくなったような印象を受ける、というとちょっと大げさかな。
    バナナプラグを先日追加したロジウムメッキのに付け替えると純度が少し上がる感じで、さきほどのボーカルの膨らみもほどほどに落ち着いて、解像感を保ちつつ明るい仕上がりになってくれました。
    なによりもついついボリュームが大きめになっちゃう、というのがバランスの良さを象徴してるんじゃないかと。

    純正のバナナを付ける場合はケーブルに方向性の指示があるようですが、ケーブル自体には特にそういう記載はないみたいで、とりあえず適当に左右の印字の方向だけ合わせてます。
    細かくは聴いてみて選べば良いですし、構造的にはあんまり問題ないんじゃないかなと。
    高域側に使ったり、シングルアンプでバイワイヤにしたりと、ケーブルだけでもまだまだ色々試せそうです。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2013/12/01 12:00 pm | Chord Carnival SilverScreen Bi-wire はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.