• 157月

    スパイクの購入検討から路線変更して、オーディオムカイさんに注文した「御影石オーディオボード」が届きました。

    御影石のオーディオボードというと黒御影石が有名ですけど、お値段もだいぶ違うのでグレーのものにしました。
    同じお値段ならこっちのほうが厚みも重さもありますし。
    ちなみにオーディオムカイさんは早い時期に御影石をオーディオにという提案をされてたそうで、面取りや鏡面加工も丁寧で良い感じです。

    早速、スピーカーに導入してみましたが、中低域のカブりが大幅に減りました。
    これまでどうしても音量が上がってくると低域が濁る感じがあってインシュレーターや吸音材などで試行錯誤していましたが、それらよりも圧倒的に効果が大きいです。
    低域が濁らなくなった分、音階もハッキリしましたし、これはかなり良いかも。
    なお、指で弾いてみるとコンクリートに似たような響きがあり、よく言われている御影石の素材としてのクセは多少はあるようです。
    ただ、これまで使ってた桐の円柱を排除した関係で高さ調整のため、コルクやアルミ、木材各種を組み合わせてあるので、特に気になることはなかったです。
    その辺りの素材の組み合わせはまたぼちぼち調整していく予定です。

    いずれにしても、インシュレーターで頑張るよりもオーディオボードのほうが変化が大きいというのは意外でした。
    この感じなら本格的なオーディオボードも効果がかなり期待できそうですが、お値段的にはこの御影石がコストパフォーマンスが高くてオススメかと思います。

    Filed under: Audio
    2013/07/15 7:00 pm | 御影石オーディオボード はコメントを受け付けていません

Comments are closed.