• 127月

    上海問屋から高級そうなRCAケーブルが一挙に4種類登場しているようで。

    長さはどれも1.5mで、お値段は5000円くらいから9000円くらいまでと、高級オーディオケーブルを見慣れている目には安く見えますが、それなりの価格になっています。

    一番安いのが6N OFCの「DNSB-18677」で、ケーブルにはXLO HT PROの文字が見えます。
    これが本当であればアメリカのわりと有名なケーブルメーカーですけどね…。
    次に安いのは「DNSB-18673」と「DNSB-18679」で、前者は銀コーティングのOFC、後者はortofonの8N AC2000採用と書かれています。
    前者のほうは素直にPaficという、如何にも中華なブランドで逆に好感が持てます。

    そして一番高いのは生産中止が伝えられたOCCのケーブル「DNSB-18672」です。
    これはケーブルにPALIC、プラグ部分にはPailiccsと書かれていて、これはどうもリケーブルではそこそこ有名なブランドらしいです。

    まぁいずれにしても本物という保証は残念ながらないと考えたほうが良いと思いますので、あとは自己責任でチャレンジしてみるか、ですね。
    最近は秋葉原に実店舗が復活したことですし、できれば実物をチェックされた上で購入されたほうが良いかもしれません。

    Filed under: Audio
    2013/07/12 9:00 am | 上海問屋からRCAケーブル各種 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.