• 127月

    ELACからトールボーイ型スピーカー「FS409」が発売になるようで。
    トールボーイといっても400LINEのフラグシップモデルなので、お値段もペアで70万円超ですけどね。

    ELAC特有のJET Vツィーターは当然ながら、下のユニットも新設計で、特にミッドレンジは初めてネオジウムマグネットを採用したんだとか。
    ELACというと見た印象で「硬い」という印象なんですが、実際にはウーファーはクルトミューラーのセルロースとアルミのハイブリッドなので、そこまででもないらしいんですよね。
    それでも今使っているDALIやCelestionとはずいぶん方向性が違いそうで、一度じっくり聴いてみたいブランドです。
    私が昔から知ってるのはカートリッジのイメージしかないですからね。

    ところでELACとは関係ないですが、チラッと立ち寄ったリサイクルショップにSPENDORのS1が置いてありました。
    他の品揃えからするとかなり場違いな感じで、あれは売れないだろうなぁ。
    うちだとセレッションとカブるでしょうから要らないですが、こっちも面白そうではあります。
    先日もMISSIONのスピーカーが結構安かったりもしましたが、スピーカーは置き場所に困る部分もあるので、そう気軽に試してみようとはならないのが難点です。
    そもそも、どのコンポも複数台要らないだろ、と言われたら返す言葉もないわけですけどね。

    Filed under: Audio
    2013/07/12 12:00 pm | ELAC FS409 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.