• 084月

    父親がこのところ、アナログレコードにハマっていて、その影響で私も少しずつ気になり始めています。
    ディスクの入手性が最大の課題だったのですが、わりと近くのリサイクルショップにそこそこ在庫がありますし、父親の手持ちのを定期的に借りるだけでも結構楽しめるかなぁと。
    次の問題はプレーヤーなんですが、これはまた折を見て再考することにして、今回はフォノイコライザーアンプを。

    父のほうは手持ちのAccuphase C-270Vにフォノイコライザーがなかったので、その後、C-222をゲットしています。
    うちにはONKYOのプリアンプがありますが、これはどうやらフォノが不調とのこと。
    あとはマイクロメガもMMには対応しているはずですが、一度も使ってないのでホントに使えるのか分かりません。
    MCカートリッジも試してみたいところですから、念のため、単体のイコライザも調べておいたほうが良いかなぁと。

    現行製品で安いものだと東京サウンドのが有名でしたが、あそこは今年の初めに営業を停止してしまいました。
    そんなわけで、前置きが長くなりましたが、最有力候補なのがCreekのOBH-15mk2です。
    お値段は決して安くはありませんけど、性能は結構良さそうですし、そもそもCreek自体を一度使ってみたいんですよね。
    似たような感じだとPro-Jectのもありましたが、すでに生産完了っぽいです。
    あと、Musical FidelityのV-LPSあたりも面白そうなんですけど、こちらも入手性がねぇ。

    あとはもう中古のプリアンプということになりますけど、それはまぁ出会い次第ということで。
    おそらくまずはプレーヤーとカートリッジからかと思いますが、一応は候補さえ考えておけば見つけた時にすぐに判断が付きますしね。

    Filed under: Audio
    2013/04/08 12:00 pm | フォノイコライザーアンプを一応検討 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.