• 257月

    このところ、色んなオーディオ機器が充実してきたわけですが、ひと通り揃うともう欲しいものが減ってきます。
    そこで注目しているのが今さらながらのアナログプレーヤーです。

    以前はMICROのBL-91を使っていましたが、これも中古で入手したので、その時点ですらもうあんまり使ってなかったですね。
    CDが出たのが1982年ですから、そもそもLPレコードを知らない世代も、もうずいぶん多いかも。
    蛇足ですが、私が最初に買ったCDプレーヤーはCDP-11Sで、おそらく1983年の12月だったんじゃないかと。

    そんな状況の中、アナログプレーヤーを買うというのもフィルムカメラ以上の「物好き」かと思いますが、意外なことにDENONにはまだ現行機もあるんですね。
    DP-500Mあたりはわりと現実的な価格ですし、下位モデルにはUSBメモリに保存できるDP-200USBなんていうのもあるようです。

    中古もざっと眺めてみましたが、価格面ではDENONやTechnicsあたりのダイレクトドライブ機が安そうな感じです。
    YAMAHAのGT-2000のように、今では当時の定価より高い場合もある、なんて製品もありますけどね。
    手持ちのレコードがあるわけでもないので、あまり高価な機種はターゲットに入りませんが、たまに中古をチェックしてみようかと思います。

    Filed under: Audio
    2012/07/25 9:00 am | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • SKY ONE Says:

    私、物好きだったんですねw

    最近はもっぱらレコード聞いてます
    WinだとFLACにしてもiPodに持って行けないのが欠点ですが

    新品は高いのと、DJ向け的なのがイヤだったので、
    少々ギャンブルですが、ヤフオクでテクニクスのSL-1600MK2入手しました

    カートリッジはオルトフォンの激安カートリッジΩが付いてきました

    最近たまに、オートスタートしなくなって来ました(笑)

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    何を今さら…。<物好き
    銀塩愛好者とアナログレコードは近い位置にあるかもしれません。

    FLACは別アプリに入れるという手はありますが、素直にALACのほうが安心かも。
    あとは地方だとディスクの入手性がやや難点です。