• 304月

    リビングのエアコンがずいぶん老朽化していたので、同じTOSHIBAのエアコン「RAS-B285P」に付け替えてもらいました。

    元々付いていたのはRAS-221NTという機種で、調べても年代がよく分かりませんが、そもそも221ということは6畳用なわけで、古さを別にしても効き目が良くないのは当たり前ですね。
    今回のも10畳用ですから、それでもまだ小さめですがこれより大きいと電気代も心配ですし、十分な性能を求めると200Vになってしまって電気工事が必要ですからねぇ。

    この機種、住宅設備向けらしくお値段もずいぶんお安くてビックリしました。
    工事を伴うものですし、できれば地元の電気店で…と思ってたんですが、ここまで価格が違うと通販(ヨドバシ)を使っちゃいます。
    地域の関係で工事日はある程度限定されるようですけど、工事してくださった方々はとても丁寧で、むしろ大手家電量販店よりよっぽど…(以下、略)

    廉価なモデルですから機能的にはそれほど特記するほどのことはありませんが、「プラズマ空清」という空気清浄機能も付いているのはちょっと驚きました。
    気候的にまだ冷房も暖房も要らない感じなんですけど、空気清浄機能だけを稼働させることもできるので便利です。
    ちなみに試運転で冷房してみましたが、以前のとは比較にならないくらい冷えてました。

    あと、最近のエアコンを見てどれもそうだなと思ったんですが、室内機の奥行きが結構デカくなってますよね。
    アレは自動清掃機能が関係してるんでしょうか?(この機種にも付いてるみたい)
    昔はスリムエアコンなんていうウリ文句もあったように思いますけど…。

    ともあれ、これで今年の夏は暑くなっても大丈夫そうです。
    暖房はさすがに北国なのでエアコンだけでは無理でしょうけど、電気代も含めて導入してどうだったかは、また1年くらい経過してレポートしてみるのも良いかなと思っています。

    Filed under: Electronics
    2017/04/30 12:00 pm | 6 Comments
  • 134月

    先日、別の用件で家電量販店に立ち寄ってみたところ、ドクターエアから「3D MASSAGE SEAT PREMIUM」が出てるのを見つけて、ちょっと試してみました。

    うちには去年の10月に導入した「3D MASSAGE SEAT S」がありますが、マッサージ機能が大幅に強化されてますね。
    特に大きいのは「たたき」が追加されてる点で、もう大型のマッサージチェアーは不要なんじゃないかと思えるほどです。
    「3D MASSAGE SEAT S」の「もみ」や「指圧」もライバル製品に比べてかなり強力ですけどね。

    また可動範囲も広がっているようで、うちのだと腰や背中にはとても良く効くものの、肩はちょっと届かなかったり物足りない部分があったんですが、5.5cmの大きなもみ玉が最大70cm動くことで、その不満が解消されています。
    さらに肩位置の上限が設定できる「肩上限」ボタンも用意されてますから、体格に合わせた移動範囲も設定可能なようです。

    リモコンも液晶画面やボタン数も増えて、見るからに高機能になったなと感じます。
    ただしその分、全体的に大型化されているのは仕方ないところで、重量は本体のみで7.35kg(Sは1.2kg)と気軽に配置替えしづらい感じです。
    実際には今持っているSでもソファから動かしたことはあまりないですけどね。
    また、消費電力は53W(Sは13W)ですから大したことはないですけど、車で使おう、なんて使い方は厳しいかも。

    ちなみにこれまで半年ほど使ってきた感想としては「もはや手放せない」というのがいちばん分かりやすいところかと。
    冬場に何度か電源オフ時にもみ玉が初期位置に戻る際、微妙な異音(?)がしたことがありましたが、その後はその症状も出ておらず、快調に動いています。
    あえて欠点を上げれば、電源オフ時にリモコンのランプが点滅してるのがちょっと目障りかな、という程度です。
    ただPREMIUMはさすがにそれを超えてきていて、短い時間試しただけとはいえ、差額で交換できるなら替えたいと思えるほどでした。

    なお、今、PREMIUMやSとピローSのセットを購入すると、設置用の椅子が必ずもらえるキャンペーンが実施されています。
    家電量販店などの展示に使ってるのとたぶん同じ椅子ですが、ソファなどの置き場所がない場合には嬉しいかもしれませんね。

    Filed under: Electronics
    2017/04/13 12:00 pm | DOCTOR AIR 3D MASSAGE SEAT PREMIUM はコメントを受け付けていません。
  • 074月

    自宅のガス給湯器が以前から水漏れしていて、すでに部品もなく一時的な対処はしてあったものの、凍結でさらに悪化していたので、交換することにしました。
    これまで付いてたのは日立化成の「WZ-162SA」という機種で、おそらく新築時に取り付けたままでしょう。
    そもそも日立化成はもうガス給湯器は製造してないはずです。

    交換に際してはエネルギー分散のため、灯油ボイラーにしようかとも検討したのですが、タンクに給油するのも面倒ですし、昔実家で使っていて故障率も結構高かったので、シンプルにガスにしました。
    交換した新しい機種はパロマの「FH-E207AWL」です。

    こちらも追い焚き機能があればそれで十分かなとも思ったんですけど、一応燃料代も下がるらしいし、ECOジョーズのほうにしました。
    ついでに言うと最初はガスコンロと同じくホームセンターでやってもらうつもりでしたが、店員さんがイマイチ詳しくなく、機種も実質選べないというのもあり、地元のガス供給業者さんにお願いすることに。
    お値段は若干高めだとは思いますが、配管やリモコンの設置も含め、全部込み込みで後々のサポートも任せられますからね。
    ちなみにうちの地域、ガス管は地下埋設なんですが、なぜかLPガスという変わった(?)供給状態になってます。

    越してきてから治すべき場所はだいぶ減ってきた感じです。
    それでもまだクロスの貼り替えとか、リビングのエアコンの老朽化などが課題かなぁ。
    他にもリビングのテーブルを入れ替えたいところですし、あまり一度にはやれませんがぼちぼち補修していこうと思います。

    Filed under: Electronics
    2017/04/07 12:00 pm | ガス給湯器を交換 はコメントを受け付けていません。
  • 013月

    Panasonicのポータブルワンセグテレビ「SV-ME750」をジャンクで見つけたのでゲットしてみました。

    ACアダプタがなかったのですが、とりあえず電池が残っていて受信できることは確認できたので、あとはどうにかなるかな?と思って入手してみました。
    本来はクレードルがあってそれで充電するようですが、ACアダプタもミニUSBに接続する形なのでそこから最低でも給電、うまくいけば充電できるかなという判断です。
    結果としては給電、充電共に可能でした。

    ただしバッテリーはかなりヘタっているので、そのままではうまく使っても10分程度ですから、USB給電は必須です。
    バッテリー交換も考えましたがお値段が結構なものですし、そもそもの入手価格がジャンクのコンデジ並みでしたから…。
    USBからの給電は500mAで良いようですから、モバイルバッテリから給電すればそれなりに長く観られるでしょう。
    本来の防水で使うのは、ゴム蓋を開けておかないといけないのでダメですけどね。

    ただ考えてみれば今となってはiPhone 7 Plusより小さな液晶ですし、解像度もワンセグですから用途は限られます。
    弟と車で出かけた際、父親が一人で待ってることが多いようなので、その時にちょっとテレビでも…という用途に良いかなと思って入手してみた感じです。
    本人はラジオのほうが気楽らしく、先日、「iPadでラジオを聴くのはどうしたら良いのか?」と質問の電話が来ましたけどね。
    ただWi-Fiが入る場所とは限らないわけで、テレビはテレビで重宝するのではないかなと思っています。
    ラジオも以前送ったのですが、今度そちらも探してみようかなと考えているところです。

    Filed under: Electronics
    2017/03/01 12:00 pm | Panasonic SV-ME750 はコメントを受け付けていません。
  • 212月

    BUFFALOのBluetoothキーボード「BSKBB13BK」をApple TV用に導入してみました。

    Bluetoothキーボードは他にもたしか持っていたはずですが、一般的なキーボードくらいの大きさですし、Magic Keyboardは純正で相性は良さそうですけど、それならMac miniのほうを替えたいですから、コンパクトかつ薄手のものが良いかなと。

    このキーボード自体はWindowsやMac、PS3などにも対応していますから、仮にApple TVで操作性がイマイチでも使いまわしが効くというのも導入の理由になりました。
    ペアリング自体はApple TVの設定画面からやればカンタンで、テレビ画面にペアリング用の文字列(数字4桁)が出てくるので、それをキーボードから入力するだけです。
    あとは電源を入れればペアリングされますし、長時間放置してると自動でキーボードがスリープされます。

    で使い勝手なんですが、Apple TVのキーボード対応がまだまだ暫定的という感じでして、漢字変換の切り替え一つもイマイチ感が…。
    ファンクションキーも使えて、F3でアプリ切り替え、F4でホーム画面、F7で巻き戻し、F8が再生/一時停止、F9が早送りといった具合ですが、シールでも貼っておかないと忘れますね。
    また、F11とF12に音量も割り当てられています。

    ただキーボードのほうは期待通りの感じで、液晶テレビの前にSiriリモコンといっしょに並べて置いておいても全く邪魔にならず、たまにしか使わなくても一応ある安心感、という感じで置いてあります。
    キーストロークなどは決して良いとは言えませんが、Magic Keyboardもお世辞にも良いわけではないですし、導入目的にはピッタリのキーボードだったかなと思っています。

    Filed under: Electronics
    2017/02/21 12:00 pm | BUFFALO BSKBB13BK はコメントを受け付けていません。
  • 122月

    テレビは大きくしたものの地上波がどうにも面白くないので、活用方法を模索した結果、Apple TVを導入してみました。

    今回もタイミング良く整備済み製品が出ていたので、64GBモデルにしました。
    調べてみるとアプリサイズに200MBという、よくわからない制限があるらしく32GBでも良いのでしょうけど、そっちは売り切れでしたし。

    HDMIケーブルが付属しないことは事前にリサーチ済みでしたので別途用意しておきました。
    開発用などでMacとつなぐためにUSB-C端子もありますが、このケーブルはとりあえず今のところは必要ないでしょう。
    Siriリモコンの完成度とアプリの数に不安もありましたが、とりあえずはYouTubeを気軽に見られるようになれば十分かなと。
    それならばChromecastなどの選択肢もありますけど、紗羅が使い慣れているという点でもAppleのほうが良いかなと考えてチョイスしました。

    ちなみにLightningケーブルが付属していて、これはSiriリモコンの充電用です。
    iPhoneアプリにもApple TV Remoteがあるのでほぼ同じことはできますが、第4世代からはHDMI-CECに対応しているので、Siriリモコンからボリューム操作もできますし、スリープするとテレビの電源も切れます(連動しないようにもApple TVの設定から可能)し、自動的に接続したHDMI入力に切り替わって、そこはなかなか便利です。
    リモコンの質感もiPhoneみたいな感じでなかなか良いですし。

    なお、スリープ解除時に当初はテレビの電源が入らなかったのですが、これはテレビ側の設定を変更したらOKでした。
    SHARPの場合はファミリンク設定のところで電源連動機能をオンにすれば自動でテレビの電源がつきます。
    迂闊にスリープ解除してもテレビがついちゃうので、そのへんは好みで選べば良いですが。
    さきほども書いたように、テレビの電源などとの連携をオフにしたい場合は、Apple TVの「設定」から「リモコンとデバイス」で「テレビとレシーバーを制御」をオフにすれば連動しなくなります。

    Apple TVの設定はiPhoneがあると楽チンで、途中でiPhoneのBluetoothをオンにしてApple TVに近づけるように指示があって、その通りにするとiPhoneからWi-Fiの設定などを抜き取っていってくれます。
    こんなことが許されるのはApple製品どうしだけですよねぇ。

    tvOSのアップデートが早速やってきて、そこそこ時間がかかりましたが、あとは勝手知ったるApple製品という感じで、使い勝手は悪くありません。
    Siriの日本語認識はやっぱりイマイチですけど…。

    そういう時はiPhoneのRemoteアプリでも良いのでしょうけど、個人的にはいまひとつ物足りない気分です。
    たしかに日本語入力が必要な時にフリック入力できるのですけど、全体のUIはSiriリモコンそのものでiPhoneアプリだからこそ、というところがあまりないので…。
    もう一つのSiriリモコンと考えれば良いのですが、2Playできるものでもアプリは2個目のコントローラとは認識されないものもあったりしました。

    またYouTubeアプリの完成度もお世辞にも高いとはいえず、検索はできてもソートなどはできないようですし、それならばとiPhoneのYouTubeアプリからつなごうと思ったらそれもできず…。
    PS3などはYouTubeアプリからのリモート操作ができて便利なんですけどねぇ。
    AirPlayで飛ばすというのが操作性としては一番良いですが、せっかくならApple TV単体でも使いたいところです。
    Bluetoothキーボードが使えるらしいので、そっちを試してみる予定です。

    アプリの少なさも想像以上で、入れたアプリはYouTubeとDior TV、あとはテニスくらいでしょうか。
    TVerくらいはあっても良いのに…と思いますけど、日本でのユーザーがそんなに多くないのでしょうね。
    アプリサイズも制限されますし、Webブラウザもないし…というのはやっぱり開発者からすると痛いかなと感じます。

    ただ、わざわざPS3を起動して…というのに比べたら格段に気楽に「とりあえずApple TV!」という気分になるのは導入してよかったです。
    まだしっかり使いこなしているとは言いがたいところもありますし、キーボードも含めて徐々に活用方法を掘り下げていこうかと思っているところです。

    Filed under: Electronics
    2017/02/12 12:00 pm | 2 Comments
  • 221月

    このところ寒い日が続いていて、気温をtenki.jpでチェックすることが増えています。
    ただ、ここはちょっと高台にあり、実際の気温はもっと低かったりするんじゃないかな?と思うことも。
    そこで、室外温度をワイヤレスで室内からカンタンに見られたら面白いかも!?と思って、ちょっと調べてみました。

    できればスマホやパソコンなどで随時監視できたりしたら良いなぁと思ったのですが、意外とあまり選択肢はありません。
    そんな中ではNetatmoが断然メジャーなようで、気象観測点並みの情報量を取得可能です。
    温度や気圧はもちろん、オプションを追加すれば雨量も測れますし、様々なセンサと組み合わせてセキュリティなどにも活用できるようです。
    実際に運用されているポイントはマップ上に公開されてるので、それを見るだけでも参考になるかも。

    その他はやや工業用という感じのものが多く、USBで取り込むタイプが結構ありました。
    T&Dの「おんどとり」はWi-Fi対応の「TR-71wf」もありますし、パソコンなどへの対応も良いですが、Netatmoも見てしまうとやや堅苦しいイメージになってしまいますね。

    もう少し安いものはないかなぁと探しましたが、LinkJapan eSensorというのがあったくらいですし、これは残念ながら室内用なんですよねぇ。
    これはこれで明るさや音、アレルギー対策もできたりして面白いとは思いますが。
    もっとシンプルにワイヤレスで親機に送信するだけというものはたくさん出ています。
    SANWA SUPPLYの「CHE-TPHU4」やA&DのAD5661などがそうですね。
    そういうタイプの中では、CITIZENのコードレス温湿度計「THD501」がわりと良さそうかも。

    あとはもうArduinoとかRaspberry Piなんかを使って自作したほうが安くて早いかも。
    それなりに難易度は高いですが、やってみればそれなりにお勉強にもなりそうな気もしました。
    まぁ、温度計を外に置いといて見に行けば済む、と言ってしまえば元も子もないんですけどね。

    Filed under: Electronics
    2017/01/22 12:00 pm | 室外温度をワイヤレスで はコメントを受け付けていません。
  • 131月

    Matrix 805のタイミングですけどセッティングも追い込んで、ソースによってはスピーカー間に映像が広がるような感覚を覚えることもありましたが、「そうか、ここにスクリーンがあったら楽しいだろうな」と。
    本格的に聴く場合は明かりを暗くしていることもありますし、スクリーンなら巻き上げておけば普段の音への影響も極小という風に考え、プロジェクターを調べてみることにしました。
    そういえば、はるか昔には50インチのリアプロジェクションテレビを使ってたこともありましたねぇ。

    そんな昔話はさておき、プロジェクターはかなり安くなってるイメージから入ったのですけど、それはあくまでデータ用でして、映像用のはやはりそれなりのお値段みたいです。
    ハイビジョンクラスでも十分だとは思いますが、BenQ W1080STやEPSON EH-TW6600なども決してお安くはないですねぇ。
    4Kになると、SONY VPL-VW535、JVC DLA-X770など、相当なお値段です。
    さきほど書いた50インチのリアプロジェクションテレビも当時58万円でしたし、その頃のプロジェクターも100万円超コースでしたから、当然といえば当然なのですが、当時に比べて液晶テレビがお安くなってるので相対的に高く感じてしまいます。

    考えてみれば最近の液晶テレビは薄いですし、壁に近接して設置するなら液晶テレビでも良いかなぁ。
    そもそも映像で見つつ音楽を聴く機会はほとんどないし、ソースもYouTubeが主体とかになりそうだし…。
    むしろ5K iMacの音声周りを強化したほうが良いのかな、と「プロジェクターは何処に行った?」という感じの結論になってしまいましたが、とりあえず調べてみたのは今後の参考になりました。

    Filed under: Electronics
    2017/01/13 12:00 pm | 2 Comments