• 1912月

    SWATCHの自動巻き時計を見つけて、ゲットしてみました。

    SWATCH Automatic

    スウォッチは時計を趣味にする前からいくつか買っていますが、自動巻きは初になります。
    今も自動巻きはIRONYを中心に少し残ってはいるようですが、最近は(特に国内では)ほとんど見かけなくなりました。
    今回入手したものはおそらく1993年製造のものみたいです。

    SWATCH Automatic

    風防にはかなり大きめの傷がありましたが、そこは完全なプラスティックですから、いつもお得意のサンエーパールでちょっと磨けば、ほとんど分からないくらいに消え去りました。
    全体的に黄ばんだ感じもこれでかなり軽減しますし、一石二鳥です。

    SWATCH Automatic

    時計好きの間ではETA2842というムーブメントが採用されていることもあって、「部品取り」用に使われたりすることもあるようです。
    廉価ながら、23jewelsのスイス製ムーブメントですからね。

    SWATCH Automatic

    精度のほうもプラス寄りで10秒以内くらいと、さすがETAのムーブメントだけのことはあるな、という感じです。
    ベルトもちょっと珍しい伸縮性のある金属製のタイプなので、手持ちのSwatchの中でも断然、出番が多くなりそうです。

    Filed under: Watch
    2015/12/19 7:00 pm | 3 Comments

3 Responses

WP_Lime_Slice
  • shigechan Says:

    今晩は。

    スウォッチの自動巻きは珍しいですね。それにしてもだいぶコレクションが増えているので、感心して見ています
    私はもう時計は増やさないつもりです。ラジオは整備済みをオークションに出していますが、そうホイホイとは落札されませんね。

  • shigechan Says:

    このところ、うまく書き込めないことがあったんですが、今回はちゃんと行けました

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    書き込みできない時期があったとのこと、失礼いたしました。
    特に変更はしてないのですが、CMSのバージョンアップで改善されたのかもしれません。

    コレクションはどうしても増えてしまっていますが、どこかで出番がないなと思ったものは整理しようとは思っています。
    来年引っ越したら、またオーディオのほうに注力しようかとも思ってるところです。