• 126月

    iOS用のlivedoor Readerクライアントアプリ「sssLDR」が出ていたので、早速試してみました。

    Googleリーダーの終了が7/1に迫ってきたこともあって、そろそろ代替をと考えてたところだったのでちょうど良いかなぁと。
    Feedlyあたりが最右翼ということで色んなところで紹介されていて私もそちらにと思ったんですけど、どちらかと言うと読むことを意識したUIな気がして、情報収集と更新チェックが主体の私にはイマイチな印象だったところだったのでちょうど良いタイミングでもありましたし。

    livedoor純正アプリというわけではありませんから、まずはlivedoor Readerにあらかじめ登録しておく必要があります。
    これはすでにやってあったので問題なかったんですが、なにしろいつ取ったのかも忘れたようなlivedoor IDで、パスワードも現状の8文字以上の制限よりも前に付けたものでした。
    そのためにsssLDRでログイン出来ないという問題がありましたが、そこはセキュリティ上もパスワードを変えるべきだったので変更して無事にクリアです。
    なお、バージョンアップでは短いパスワードにも対処してもらえるとのことです。

    次はフィードの追加ですけど、これはsssLDR上からも可能です。
    個別にサイトもしくはRSSのURLを指定しないといけないので、できれば事前にパソコン側でGoogleリーダーからインポートしておくほうが楽ですけどね。
    また、すでに登録されているフィードの削除もどうもアプリ上では出来ないっぽいのはやや不便かも。
    APIなどで制限でもあるのかもしれませんけど、インポート機能とともに実装されてたら便利ですが、まぁフィードを操作するのはほぼ最初だけでしょう。

    なお、Googleリーダーからの移行はlivedoor Reader公式のヘルプにも記載がありますがちょっと分かりづらいので、他のページを参照したほうが良いかと。
    基本的にはGoogleリーダーの「設定」からインポート/エクスポートを実施してlivedoor Readerにインポートするだけですが、Google側のエクスポートが「アーカイブの作成」を経てzipでダウンロードする形式になってるのがちょっと分かりにくいんですよねぇ。

    アプリ自体の表示が見やすくて、特に記事など見たいもの以外は左側に隠れてしまうような工夫がされているのが良いですね。
    千秋社さんのアプリはいつもこまめにアップデートしてくれるので、改善や機能向上にも期待が持てますし。

    こうなると本格的にlivedoor Readerにしようかなと思いますが、iOSはこれで良いとして問題はパソコンの側です。
    さすがにアプリは不要ですけど、更新チェックのためにわざわざサイトを開くのは面倒ですから、ここはGoogleリーダーの時と同様にChrome拡張機能で対応することにしました。
    livedoor Reader Notifier for Chrome」という、まさにうってつけのものがあったので、これを導入して、これで移行はほぼ問題なしです。
    クラウドのRSSリーダーに依存することには変わりはないですが、そこはNetNewsWireと並行して運用してリスク回避しようかと思っています。

    関連エントリー:

    Filed under: Smartphone
    2013/06/12 9:00 am | sssLDR はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.