• 121月

    (1/12 22:30更新)
    名称が変わって、新しいアプリとして登場していたので、更新して
    再掲しておきます。
    ---

    iPhoneでポラロイド風の写真を仕上げてくれる無料ソフト「ProjectPolaroid」
    改め、「Polarize」を試してみました。
    Polarize

    無料とは思えないくらい、ポラロイドの雰囲気を出していて、かなりの
    おすすめソフトです。

    ProjectPolaroid

    事前に撮っておいた写真は「アルバム」から、その場で撮るなら
    「ポラロイド」の本体をタップすれば、あとは自動でポラロイド風の
    写真が仕上がります。

    実際に試してみたのが、下の写真です。

    実画像サイズ 346 x 400 ( 61 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    ややSX-70っぽい写真ですが、エフェクトはやや弱めかな。


    SX70 ポラロイド カメラ 革貼り替え済 ホワイトxブラウンレザー

    新しいバージョンでは英語のみながら、空白部分に手書き風の文字を
    入れることもできるようになりました。

    本物のポラロイドの味わいを知っている方には多少の不満も
    あるでしょうが、無料でこれだけ楽しめるなら、なかなか良いのでは
    ないかと思います。

    そういえば、本家PolaroidからPoGoというプリンタも出てますが、
    Bluetooth対応なものの、肝心のiPhoneが対応していないみたい
    なんですよねぇ。
    そこはちょっと残念なところです。


    《新品アクセサリ》Polaroid インスタントモバイルプリンタ PoGo ブラック

    Filed under: Smartphone
    2009/01/12 10:35 pm | 8 Comments

8 Responses

WP_Lime_Slice
  • shigechan Says:

    ども、今晩は。

    ポラロイドのプリンターはZINKと呼ばれている奴ですね。原理は感熱
    発色の一種だと思いますが、発色性や耐久性はどうなんでしょうか?

    まあ耐久性を気にする用途には使わないですかね~。ホームページを
    見ると”樹脂でオーバーコートしてあるよ”とか”感光性はない”、”熱、光
    や湿度での退色はしにくくなっている”と謳っていますが、これは当然?
    ですよね。

    興味はあるので、詳しいレポートを見たいです。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    ZINKの耐用年数は約10年だそうです。
    一昔前のインクジェットくらいですね。

    PoGoではありませんが、同じZINKを使った「Xiao」のレビューが、
    いつもお世話になってる「胃袋」さんに掲載されてます。
    ttp://www.ibukuro.com/

    拝見する限り、なかなか好ましい仕上がりだと思います。

  • shigechan Says:

    どもども、速攻のコメントバック有り難うございます。

    ご紹介先を見て参りましたが、結構使えそうじゃないですか!
    これは危険だ(^o^) ただXiaoの場合は単品で使うのが無難そうですね。
    PoGoのレビューを探してみます。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    そうなんですよ。ランニングコストの割には
    結構良い線をいってると、私も感じてます。

    Xiaoは画像回転あたりの処理にバグがあるっぽいですね。
    癖さえ掴めば、メモリカードがあって便利だとは思うのですけれど。

    PoGoのレビューは、以下のあたりが詳しいかと。
    ttp://saya.s145.xrea.com/archives/2008/11/pogo.html
    ttp://blog.project92.com/2008/11/_polaroid_pogo.html

    なんとなくトータルの印字品質はXiaoのほうがバランスが
    良いのかもしれないですねぇ。

  • shigechan Says:

    どもども。

    米Polaroidが破産申請したようですね。感剤メーカーはもう十分に淘汰
    されたと思っていたのに・・・。
    かつて使っていたPolascan35がまだ手元に在りますよ。まあはっきり言って
    処分しそびれたんですが。

    それにしてもなあ、うちの会社は大丈夫かな~(汗)

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    Polaroidの破産は親会社の不正のせいだそうですから、
    本業のほうは、なんとかやっていけてるんではないかと。

    Polascan 35、SCSIみたいですが、まだまだ使えるのではないですか?
    うちのミノルタと似たようなものかもしれませんが。

    私も以前いた会社が写真関連から手を引くんじゃないかと
    心配しています。

    それにしても、この不況もあって、さらに銀塩離れが強まった印象ですね。
    お店でも銀塩カメラは厄介者扱いだったりして、
    かわいそうだなぁと思ってしまいます。

  • shigechan Says:

    あ、どもども。コメントバックが早くてびっくりしました。

    ご指摘の通りSCSIです。でも拙宅にはもうSCSIの機材がありません。
    こんど買い取りに持って行こうかな~。MacBSさんのところで使えるなら
    お譲りしますよ。動くのは動くと思います。

    確かに銀塩機材は売れないんでしょうね。”値下げしました”と言う表示が
    目につきますよね。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    うちもSCSIは既にありません。
    インターフェースは今でも買えるでしょうが、
    ドライバがIntel対応してないなどの問題があるでしょうね。
    ミノルタはなんとかRosettaで動いてくれています。

    銀塩でしか使えないレンズや、フラグシップでない銀塩ボディは
    値が付かないものも多いようです。

    先日、少しだけ下取りしてもらいましたが、
    なんだか邪魔もの扱いで、カメラ店の店員さんとして
    ちょっと寂しい対応だなぁと感じました。