• 098月

    iTunes Storeのランキングをチェックしていたら、「Pocket Light Meter」という露出計ソフトが無料配信されていたので、早速インストールしてみました。

    まずは私のiPhone 3Gにインストールしようとしたのですが、他の露出計ソフトと同様、3Gではインストールすらさせてもらえないんですねぇ。
    カメラ機能に差があるので、露出情報がアプリから引き出せないのかもしれませんね。

    というわけで、紗羅の3GSを借りて、試してみることにしました。
    赤い枠が出ていますが、画面をタッチすると、任意の場所の露出をスポット的に測光することができます。
    精度はデジタル一眼レフの評価測光と比べると、-1EVくらいになることが多かったですが、支持された値でマニュアル撮影してみると、やはりややアンダー気味ではあるものの、かなり実用的な値を示してくれています。

    感度や絞り、シャッタースピードは固定したいものを指定することも、もちろんできて、使い勝手もなかなかです。
    露出計のないフィルムカメラを常用していると、ネガフィルムくらいなら勘露出でもそこそこ外れずに設定できるようになるものですが、それでも参考にできる露出計をiPhoneの中に常備できるというのは助かるかと。

    問題はやはり3Gで使えないことだよなぁ。
    仕事用にはiPhone 4がやってくる予定ですが、デモ・開発用ですから、プライベートに持ち歩くものじゃないですからねぇ。
    機種変更したら、真っ先に入れたいソフト筆頭候補かもしれません。

    関連エントリー:

    Filed under: Smartphone
    2010/08/09 8:48 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • SKY ONE Says:

    私も速攻入れました
    露出計忘れても無問題

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    以前はセコニックのオートリーダーL-188をポケットに常備していましたが、
    最近はフィルムカメラを持ち歩くのは「撮るぞ」という時だけになってしまいました。
    少し前までは多少の重さは気にならなかったんですけどねぇ。
    コンパクトなスプリングカメラあたりなら、毎日持ち歩く気になるかな?