• 104月

    iPhone XSの保護フィルムがまた傷んできたので、Bさんの記事を参考にさせてもらってG-Colorの保護ガラスを調達しました。

    XS購入当初はDAISOの変に分厚いフィルムで、これは曇りガラスのようで早々に剥がしました。
    その次はSeriaのガラス製のにしましたが、なぜかボリュームボタン付近が剥がれてきて似たようなものに貼り替え。
    しかしそれもまた同じところが下のように浮いてきてしまいました。

    そもそもこの手の安い保護フィルムやガラスは最近のラウンドフォルムには対応しておらず、かなり小さめになっていますので、iPhone X系のアプリを閉じる動作で指が痛いんですよねぇ。
    保護の意味合いでわざわざ貼っても剥がれてきたら意味がありませんし、逆にこれ自体が割れて指でも怪我したら本末顛倒なわけです。

    ただやっぱり高すぎるのはどうかなぁと思いますので、このG-Colorのは私にとってはボーダーラインぎりぎりというところです。
    この手の作業が意外に苦手というのもあり、失敗した時のリスクも考えてということになりますけど、そこも位置合わせ用の部材やクリーニングツール、さらには簡単なケースまで付いているので充実感があります。

    ただやっぱり私は不器用らしく、なかなか気泡を追い出すのに苦労しました。
    原因のひとつはクリーニングに付属のアルコールのではなく、レコード用に自作してある界面活性剤入りのを使ったためだったようです。
    Seriaのガラスが浮いてきたのもそれが関係しているかもしれませんね。
    途中でそれに気づき、一旦剥がして全て付属のもの(アルコール、不織布、ゴミ取りシール)で仕上げたら、そこそこキレイに貼れました。(あくまで当社比)

    それでも右下辺りにちょっと浮いた感じがあるのは何度かやり直した影響もあるのでしょう。
    この製品自体には問題はないので、説明用の動画や付属のものだけを使って仕上げることをオススメします。(それが当たり前。

    なお貼り直して使ってみると、表面の滑らかさに本当に驚きます。
    指の引っ掛かりも全くありませんし、ケースとの干渉もなく、早く交換しておけば良かったと思えるほどです。
    今回は私のミスもあったので剥がれてくる可能性もありそうですが、次回や他のiPhoneも機会があれば同じところのものにしたいなと思える製品でした。

    Filed under: Smartphone
    2019/04/10 12:00 pm | iPhone XSの保護ガラスを貼り直し はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.