• 125月

    スーパーにカバヤから出ている「Angry Birds ラバーマスコット」という食玩があったので、購入して来ました。

    箱の中にガム1枚といっしょに入ってましたが、昔懐かしいビッグワンガム同様でお目当てはオマケのほうだけですから、写真は中身だけです。
    ラバー製のイヤホンジャックマスコットと液晶画面用クリーナープレートがチェーンで繋がれた形で入っています。

    全部で4種類あるのですが、店頭には残念ながらチャックとザ・ブルーズの2種類しかなかったので、この2つです。
    なお、箱の絵柄自体がキャラクタごとに違うので、箱を開けなくても中のキャラクタが分かるというのは良心的で良いですね。

    液晶クリーナーのほうはこんな分厚いのをぶら下げるの?とか、そもそもキレイになりづらいという難点はあるものの、イヤホンジャックはなかなか良いかも。
    そもそも実用性よりもAngry BirdsAngry Birds - Rovio Entertainment Ltdフリークのコレクション的な意味合いが強いかと思いますし、私も紗羅もあのゲームにはすっかりハマってますからね。
    やや今さらという気もしますけど、家庭用ゲーム機への移植もされたようですし、まだ少し先ですが映画化の話もあるようで、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いなんですね。

    ちなみにカバヤからはスウェットトートというのも出てるようで、こちらはケータイを入れるのにちょうど良い大きさみたいです。
    iPod入れとかにも良さそうですから、見かけたらゲットしてみるのも良いかもしれません。

    あと、こちらは食玩ではないですけど、マテルからあのまんま実体化された玩具も出てるんですよね。
    子どもが想像力を膨らませつつ遊ぶのにも良いですけど、パーティグッズとしても楽しそうでこちらもオススメです。

    関連エントリー:

    Filed under: Smartphone
    2013/05/12 9:00 am | Angry Birds ラバーマスコット はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.