• 209月

    iPhoneやiPadの保護フィルムに新しく「気泡0」という製品が出ているようで。
    たしかに保護フィルムを貼るのはなかなかコツが必要で、気泡を入れないようにするのは結構大変なんですよね。

    先日は「ZAGG Invisible SHIELD」をモニターでいただいて、私のiPhone 3Gと紗羅の3GSに貼りましたが、これは貼る時点では多少の気泡があっても徐々に減っていくなど、工夫がされていました。
    その後、別の製品をiPhone 4に貼りましたが、こちらは気泡も入りやすかったし、粘着力も弱かったんですよねぇ。

    その点、この製品は最初から気泡が入らない工夫がされています。
    というのも、画面の部分にはそもそも粘着性がないんだそです。
    周囲の液晶表示しない部分だけに粘着力があり、そこで固定してあるという「コロンブスの卵」的な発想です。

    iPhone 4だと左右の脇がちょっと狭くて剥がれが心配ですが、iPadだとなかなか良いかも。
    「ZAGG Invisible SHIELD」も保護能力でオススメですが、この「気泡0」にも注目してみたいと思います。

    Filed under: Smartphone
    2010/09/20 7:00 pm | 気泡0 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.