• 069月

    α300なる機種が噂になっていたソニーですが、なんと期待を
    裏切って(?)、中堅機の「α700」から発表してきたようです。
    http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0709/06/news012.html

    実売価格18万円程度ということで、先日のEOS 40DやNikonの
    D300あたりと真っ向から勝負する機種になりそうです。

    撮像素子はAPS-Cの1224万画素、もちろん本体内蔵の
    手ぶれ補正機能は搭載されています。

    あと、こちらもD300同様、HDMIに対応してきたのは面白いところです。
    以前も書きましたが、どうもこうなってくると、8bitのJPEGという
    フォーマットがぼちぼち限界かなぁと感じるんですけどねぇ。

    初号機ではやや不評だったノイズ対策もかなり力を入れてきた
    ようで、CMOSセンサー自体の低ノイズ化が大きいのかも。
    このあたりは、実際の画像が出てきてからの判断でしょうけれど。

    重さは690gと、中堅機にしては軽く仕上げてます。
    EOS 40Dが740g、Nikon D300が825gですから、本体内手ぶれ補正を
    積んだわりには軽いほうかと。
    まぁ、PENTAXのK10Dは710gなので、めちゃくちゃ軽いわけでは
    ないのですけれど。

    個人的には、K10Dあたりが実際のライバルになるんじゃないかなと
    いう気がします。
    まだCanonやNikonの牙城を切り崩すのは難しいでしょう。

    ライブビューは非搭載ということですが、これはむしろ正解かも
    という気がします。

    現状ではライブビューは各社とも、未完成の部分もありますし、
    価格も当初は高くても、いずれはK10Dクラスの価格帯での
    せめぎ合いになるのではないかという気がするので、むしろ
    コストダウンを図っておくのが良いのではないかと感じます。

    ただ、上位機種の発売も発表されているわけで、この機種の
    売り方っていうのは、結構難しいような気もしますが、SONYに
    秘策はあるのでしょうか?

    Filed under: Photo
    2007/09/06 3:26 pm | SONY α700 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.