• 3011月

    もうずいぶん前に発表されたシグマのAPS-CサイズのFoveon使用という、かなり
    画期的なコンパクトデジカメ「DP1」ですが、その後、情報が途絶えていました。

    しかし、やっと新しい情報が入ってきまして、どうやら一旦ベータまでいったものの、
    画質に満足がいかず、再設計になったようで。
    http://dc.watch.impress.co.jp/cda/compact/2007/11/30/7526.html

    「画像処理パイプライン」を再構築した、とのことですが、ちょっとイマイチ、何に
    行き詰ったのか、わかりづらいですねぇ。
    おそらく、Foveonの後処理を簡素化しようとして失敗したのではないかなぁと。

    シグマさんはSDシリーズでJPEGエンジンを搭載するのにも結構時間を要していたので
    今回も、まだもう少しかかるかもしれませんねぇ。
    出てくれば、かなり画期的な製品だと思うので、他社が追従するくらいの話題を
    かっさらえる性能を見せてほしいです。

    個人的には、先日、田中長徳さんの写真集を買った影響もあって、R-D1に
    ちょっと惹かれたりしています。


    《中古》EPSON R-D1

    ただ、これはお値段も高いですし、これとGRシリーズやDP1の中間に来るような
    レンズ交換式のデジカメが出てくれると面白いのになぁと、勝手に思っております。

    Filed under: Photo
    2007/11/30 4:27 pm | SIGMA DP1、一応開発中 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.