• 144月

    さきほどのコニカのカメラといっしょに、ミノルタのSRマウントレンズ
    「MC TELE ROKKOR-QF 200mm 1:3.5」もハードオフで見つけたので
    買ってきちゃいました。

    実画像サイズ 432 x 640 ( 50 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D70
    ISO 感度 / 露出補正値 1600 / 0.0
    露出時間/絞り 1/25 秒 / F 2.8
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    カメラ地獄からレンズ地獄への第一歩でしょうか…。(^^;
    まぁ、こういう掘り出しものは見つけたときに買わないと、すぐになくなっちゃいます
    からねぇ。

    他にもFDマウントのズームレンズや、本体だとオリンパスのOM-2なんかも
    ありましたが、これ以上、本体は増やせませんし、ズームよりも単焦点の
    ほうが欲しいので、これにしました。

    買ってきた時点ではジャンク扱いということで、ちょっとカビがありましたが、
    いつものように分解清掃して、きれいになりました。
    カビといっても、前玉の裏側にほんの少しだけでしたけどね。

    最短撮影距離が2.5mというのはちょっと遠いなぁと思いますけど、
    これだけの望遠の割にはF3.5とわりと明るいですから、結構使い道が
    ありそうな感じです。

    このレンズもまた1971年の発売当時は30500円もしたんですね。
    今で言えば、14万円ほどの価値になりますか。

    例えば、Canonの「EF 200mm F2.8LII USM」あたりだと、確かに
    今でも定価は118000円ですものね。

    キヤノン EF200mmF2.8LII USM
    キヤノン EF200mmF2.8LII USM

    ただし、ミノルタのほうは4群6枚、Canonは7群9枚でUDレンズも2枚
    使ってある最新設計ですけど。

    ともあれ、ちょうどフィルムもまだ入ってることだし、単焦点望遠レンズの
    実力も近日中に試してみようと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2006/04/14 10:06 pm | MC TELE ROKKOR 200mm はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.