• 166月

    Panasonicのデジカメブランド「LUMIX」のサイトで、「2006年6月21日
    何かが起こる!」という、なんとも意味深なカウントダウンがされています。
    http://panasonic.jp/dc/0615/index.html

    おそらく、6/21に何か新製品が発表されるんでしょうけど、時期的に
    考えて、以前から発表されたも同然のデジタル一眼レフ「DMC-L1」が
    正式に発表される可能性が高いんでしょうね。

    ただ、SONYがα100を発表してしまったのもあって、なんとなく今となっては
    スペック的にも見劣りしてしまう感があるのは、私だけでしょうか?

    フォーサーズ自体は紗羅も使ってますし、そこは別に問題ないと思いますが、
    ソニーはCCDシフト方式の手ぶれ補正、Panasonicはレンズでの光学
    手ぶれ補正で、レンズがどうしても高価になっちゃうでしょうからねぇ。

    そこは「Leica」のネームバリューで押す予定だったのでしょうが、ソニーも
    Carl Zeissという技を出してきましたし。

    それにしても、大手二社の本格的なデジタル一眼レフ参入で、カメラ専業
    メーカーは、もっと戦々恐々としていることでしょうね。
    NikonもD200が人気とはいえ、何か、てこ入れをしてくるのかなぁ?

    個人的にはハニカムCCDを積んだ機種を出してほしいなぁ、なんて
    思ってるんですが、フジとの協業はないのかなぁ?

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2006/06/16 10:25 pm | LUMIXのディザー広告 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.