• 133月

    一昨日から二日かけて、修理に格闘していたカメラ「OLYMPUS PEN D」が
    やっと動き出してくれました。

    実画像サイズ 640 x 432 ( 37 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D70
    ISO 感度 / 露出補正値 900 / 0.0
    露出時間/絞り 1/30 秒 / F 2.8
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    状態としては、シャッターチャージのダイヤルを回しても、そのままシャッターが切れて
    しまい、そのまま、またチャージダイヤルが回る状態が続くというものでした。

    ネット上の情報を参考にしてみますが、どちらかというとシャッター幕の粘りに
    関連する情報が多くて、鏡胴部の分解の例が多かったです。

    今回のケースでは、軍艦部を開けての修理となりました。
    それでもフィルムカウンターのカニねじが逆ねじになってるとか、巻き上げダイヤルの
    ねじも逆ねじだという情報は、ネットでわかったので、ずいぶん助かりました。

    で、症状をみてみると、ダイヤルを回してチャージが完了したタイミングで
    チャージレバーがフックにひっかからないといけないのに、そのままひっかからずに
    素通りしているようです。

    ねじでレバーの長さを調整できるようになっていたので、それで調整しようと
    しますが、うまくいかず…。

    かなり悩んだ末、見つけたのがチャージレバーの先のわずかな曲がりです。
    写真を撮っておけば良かったのですが、残念ながら時間もかかっていたので、
    そのまま組み上げてしまいました。(^^;

    このレバーの先をわずかに外に曲げてあげると、しっかり巻き上げダイヤル下の
    フックにひっかかるようになりました。
    いやぁ、仕組みを理解して原因を見つけるまでに、ずいぶんかかりましたよ。

    シャッター自体は各速、問題なく切れてるようでし、絞りもOK。
    レンズもきれいなので、これで修理完了だと思います。

    しばらく空切りでテストして、試写してみたいと思っています。

    関連エントリー:

    Filed under: OurCamera
    2008/03/13 10:30 am | OLYMPUS PEN D はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.